ホワイトニング歯磨き粉は効果ない!?使っても白くならない理由と対処法は?

「市販の歯磨き粉を使っても、全然白くならない」「ネットで宣伝しているのもイマイチ」

黄ばんだ歯をなんとかしたい。でも歯医者のホワイトニング治療は高いし時間もかかる・・。

自宅で毎日する歯磨きで、何とかしたい!という方も多いのではないでしょうか。

ただ現実は、、歯磨き粉を使っても「効果がない」口コミばかり。

「色々試してきたから、もう失敗したくない!」という方へ。

歯が白くならない”本当の原因”と、どんな歯磨き粉を選べばよいのかご紹介します!

どうして、ホワイトニング用の歯磨き粉を使っても着色汚れが落ちないの?

そもそも、歯磨き粉だけでは限界があるっていうこと?

いえ、そんなことはありません。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使って、歯が綺麗になる人はいます。

ただ歯の黄ばみに悩んでいる人ほど、黄ばんだ歯が白くならないというのも現実。

いったい、どうしてなのでしょう?

黄ばみが落ちない人の歯は「歯の表面に”傷”があって、そこに着色汚れが入り込んでいる」状態。

たとえて言うなら「汚れがこびりついたコップ」のようなもの。

使うたびに食器用洗剤でゴシゴシしても、いつの間にか頑固な汚れがついてしまうことありませんか?

●汚れが付く
●ゴシゴシ洗う
●目に見えない”細かい傷”がつく
●さらに汚れが入り込む

という悪循環にはまっているのです。

知らない間にわたしたちは毎日のブラッシングで歯の表面に傷をつけているのをご存知ですか?

市販の歯磨き粉のほとんどに入っている「研磨剤」が、歯に傷をつけてしまう犯人。

汚れを落とそうと「ゴシゴシ力を入れて歯を磨く」ことで、「歯の表面に”傷”がつきそこに着色汚れが入り込む」ということ。

ほとんどのホワイトニング歯磨き粉は、
●ホワイトニング成分は入っている
一方で
●歯の傷に入った着色汚れに”届かない”
という『弱点』がある!

いくらホワイトニング成分があっても、届かなければ何の意味もありません。

ポイントになるのは「どうやって歯の細かい傷に入り込むか」というところ。

普通のジェルタイプやチューブタイプの歯磨き粉では、細かい傷まで届かない!

もし「歯の傷に入り込んだ着色汚れを綺麗にしたい」方は、「コナナノカ」という名前の歯磨き粉がオススメ。


コナナノカ

コナナノカはチューブでもジェルでもなく、「粉」をつけて使う新しいタイプ。

どうして粉タイプなんだろう?

~ここがポイント!~

にすることで、今までのチューブやジェルの歯磨き粉では届かない細かい場所に入り込める!

粉だから、歯の表面が削れてできた傷にも入り込めて、ホワイトニング成分もしっかり送り込めるのです。

「はじめは他の歯磨きジェルを使っていたけど、コナナノカに切り替えた」という口コミもいくつかありました。

コナナノカはホワイトニング成分も充実

いくら歯の細かい傷に入り込めても、肝心の着色汚れが落ちないと意味がありません。

コナナノカは、歯医者さんのホワイトニング治療でも使われる「ポリリン酸ナトリウム」を配合

研磨剤のように歯の表面を削るのではなく、汚れを分解して落とす成分なのです。

●「粉」の力で細かい汚れに入り込む
プラス
●ホワイトニング成分で着色汚れを落とす
のが、コナナノカの強み!

「コナナノカ」はSNSでも話題になっています

※女性の愛用者が多いですが、男性も問題なく使えます

コナナノカのデメリット

コナナノカはおすすめできるホワイトニング歯磨き粉なのですが、、

[コナナノカの気になる点]

 

●使うとき「濡れないよう」注意が必要
●市販の歯磨き粉よりもやや高い

コナナノカは「乾いた状態の歯ブラシ」をコナナノカの容器につけて使います。

濡れた歯ブラシを容器につけたり、フタを閉め忘れて容器に水が入ってしまうと溶けてしまうので注意が必要です。

一般的なチューブタイプの歯磨き粉よりも、扱うときに気を使う必要があります。

また、市販の歯磨き粉よりもやや高いという点が気になる方がいるかもしれません。

それだけ市販の歯磨き粉よりも中身も期待できる効果も違うので、ある程度は仕方がないです。

ただメーカーの公式サイトで買うと「返金保証」がつくので「とりあえず」お試しすることができます。

コナナノカ楽天やアマゾンでも売っていますが、

 

●公式サイトより1000円高い
●返金保証はつかない

 

ので、公式サイトで買う方が断然お得です。

※ちなみに薬局やドラッグストアでは扱ってません

「いろいろな歯磨き粉を試して失敗した」「もう失敗したくない!」という方は、こうした「歯の傷に届く歯磨き粉」を一度使ってみることをオススメします。

kirei
タイトルとURLをコピーしました