代謝を上げるだけではダメ!食事のカロリーを抑えてダイエット

年齢とともに落ちていく代謝。

代謝が悪いと脂肪が燃焼しにくく、どんどん脂肪がたまってしまいます。

もちろん代謝をアップすることは大事ですが・・

代謝を上げるだけでは”痩せる”ことはできません。

ダイエットの成功はカロリーを減らすこと

どうして?代謝アップすれば脂肪燃焼するんじゃないの?

すでに体にたまった脂肪は”代謝アップ”で落ちやすくなりますが、日々の食事で新しく脂肪がついてしまいます。

ダイエットに必要なことは2つあり、

〇消費カロリーを増やす(代謝アップ)

だけでなく、

〇摂取カロリーを減らす

2つを”同時に”行うことではじめて、体に”脂肪”がたまるのを防げます。

いくら代謝を上げて『消費カロリーを増やし』ても、毎日の食事で『摂取カロリーが増える』と意味がありません。

余ったカロリー(エネルギー)の分だけ、”脂肪”となって体に蓄えられてしまうのです。

代謝を上げつつ『摂取カロリーを減らす』ケアも、あわせて行いましょう。

摂取カロリーを減らすには?

摂取カロリーを減らすには、『食事制限』が必要だと思うかもしれません。

ですが。

食べたいものを食べられないストレス、栄養が偏りやすいといったデメリットがありオススメできません。

何より、一時的に体重が落ちても元に戻してしまうとすぐリバウンドしてしまいます。

効果的なのは「脂肪や糖の吸収を抑える」ものを事前に摂ること。

食事の前にとることで、食事制限をせずにカロリーを抑えることができるのです。

では一体、どういうものを摂ればよいのでしょうか?

脂肪や糖の吸収を抑えるなら「短鎖脂肪酸」

青汁や黒ウーロン茶、ヘルシア緑茶など、いろいろなものがありますが・・

一番オススメなのは、「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」が入ったサプリです。

なぜなら、短鎖脂肪酸は「脂肪や糖の吸収を抑える」だけではないからです。

~短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)の働き~

〇摂取カロリーを減らす
⇒脂肪や糖の吸収を抑える

〇消費カロリーを増やす
⇒脂肪燃焼
※代謝アップと同じ効果

つまり、代謝アップのケアをしなくても、短鎖脂肪酸を増やせばダイエットに必要なケアが全てできるのです。

短鎖脂肪酸って、そもそも何?

私たちの腸内にある「腸内細菌」が作り出すものを「短鎖脂肪酸」といいます。

だれの腸内にも菌がいることはご存じだと思いますが、「やせ菌」や「デブ菌」がいるというのはご存知でしょうか?

生まれつき「やせ菌」が多い人は、短鎖脂肪酸を生み出す力が強いのです。

だから同じ人間でも「痩せやすい人」「痩せいにくい人」と分かれてしまいます。

短鎖脂肪酸をサプリで増やすことで、痩せやすい体になることが研究でも明らかにされています。

短鎖脂肪酸って、サプリじゃないと摂れないの?

食べ物の中にも「短鎖脂肪酸」が含まれていますが、”胃酸”に弱く十分に働いてくれません。

短鎖脂肪酸のサプリは、腸内細菌を送り込んで短鎖脂肪酸が生まれやすい環境をサポート。

サプリであれば忙しい人、運動が苦手な人でも無理なく続けることができるというメリットも。

脂肪を取るものではないので「飲んですぐ痩せる」ことはありませんが、毎日のカロリーを抑えてスリムな体を目指すことができます。

代謝アップのケアをしなくても、食事制限しなくてもカロリーが余らないようにケアしてくれる優れもの。

食事制限なしでストレスがたまらず、栄養の偏りも防げるので健康にもイイ♪

厳選!短鎖脂肪酸をしっかりケアできるサプリ3選

短鎖脂肪酸をサポートできるサプリは、3つあります。それぞれを比べてみました。

 

ラクビ

クビレ

ビセラ

画像

特徴

コスパ良し
短鎖脂肪酸のサポートが充実

腸内サポート成分が充実

販売実績

750万袋突破

非公開

非公開

ダイエット成分


酪酸菌
キトサン
サラシアエキス


酪酸菌


短鎖脂肪酸をダイレクトに配合

腸内環境をサポート


オリゴ糖
ビフィズス菌B-3


穀物麹
有胞子性乳酸菌
ビフィズス菌B-3


オリゴ糖

服用

1日1粒

1日1粒

1日2~4粒

価格(定期購入/初回)

500円

465円

500円

価格(定期購入/2回目以降)

2740円

3960円

3980円

定期購入の継続回数

いつでも解約OK

最低3回

最低4回

あなたにピッタリの菌活サプリはどれ?

いずれも厳選したサプリですが、人によって細かく求めるものは異なるかと思います。

それぞれについて、おすすめをご紹介します!

  • ダイエット成分が充実したものがいい!
  • できるだけ安く続けたい!
  • 便秘も改善したい!

ダイエット成分が充実したものがいい方は・・


ラクビ

「短鎖脂肪酸や、他のダイエット成分もしっかりとりたい」という方は「ラクビ」がおすすめ。

●ラクビ
酪酸菌+キトサン+サラシアエキス

●クビレ
酪酸菌

●ビセラ
短鎖脂肪酸を直接配合

一見、直接「短鎖脂肪酸」を配合する方がよさそうに思えますが・・

口の中から入れた「短鎖脂肪酸」は胃酸に弱く十分に働くことができません。

胃酸に強い「酪酸菌」であれば、腸にしっかり届き短鎖脂肪酸を作り出してくれます。

酪酸菌が配合されているのは「クビレ」と「ラクビ」です。

「クビレ」と「ラクビ」なら、どっちがいいの?

ラクビには「酪酸菌」だけでなく、脂肪や糖の吸収を抑える「キトサン・サラシアエキス」が入っているのでオススメ。

できるだけ安く続けたい!という方は・・


ラクビ

「少しでもお得に買いたい」という方も「ラクビ」がおすすめ。

[ラクビ]
初月:500円
2ヶ月目~:2740円

[クビレ]
初月:465円
2ヶ月目~:3960円

[ビセラ]
初月:500円
2ヶ月目~:3980円

初月に限って言えばほとんど差がありませんが、2ヶ月目以降は「ラクビ」続けやすいです。

また、もう一つ気をつけなければいけないのが「定期購入の継続回数」。

「クビレ」と「ビセラ」は、もし合わないと思っても一定回数を継続しなければなりません・・。

●クビレ
・最低3回(8385円分)の継続が必要

●ビセラ
・最低4回(12440円分)の継続が必要

ラクビは定期購入の回数縛りがないので、いつでも辞められます。

また、菌活サプリの中でNo.1のシェア(750万袋販売)ですので、それだけ愛用されているという安心感もあります。

※”お得な価格”や”定期購入の縛りなし”は、メーカーの公式サイトで購入した場合のみ

便秘も改善したい!・・


クビレ

「ダイエットだけでなく、お通じも改善したい」という方には、クビレがオススメ。

~クビレの腸内サポート成分~

●穀物麹
●有胞子性乳酸菌
●ビフィズス菌B-3
●きのこキトサン

オリゴ糖を生み出す「穀物麹」や、食物繊維の一つである「きのこキトサン」など、他のサプリにはない独自成分が充実。

腸内環境を整えながら、お通じを整える働きが期待できます。

 

ラクビ

クビレ

ビセラ

画像

販売実績

750万袋突破

非公開

非公開

特徴

コスパ良し
短鎖脂肪酸のサポートが充実

腸内サポート成分が充実

ダイエット成分


酪酸菌
キトサン
サラシアエキス


酪酸菌


短鎖脂肪酸をダイレクトに配合

腸内環境をサポート


オリゴ糖
ビフィズス菌B-3
キトサン
サラシアエキス


穀物麹
有胞子性乳酸菌
ビフィズス菌B-3
キトサン
サラシアエキス


オリゴ糖

服用

1日1粒

1日1粒

1日2~4粒

価格(定期購入/初回)

500円

465円

500円

価格(定期購入/2回目以降)

2740円

3960円

3980円

定期購入の継続回数

いつでも解約OK

最低3回

最低4回

詳細

3つの”菌活サプリ”で、一番のおすすめは「ラクビ」


ラクビ

~おすすめポイント~

    ●「短鎖脂肪酸」をサポートする成分が最も充実
    ●コスパがよくて、続けやすい
    ●菌活サプリでNo.1のシェア
    ●定期購入はいつでも解約OK

どれも人気の「短鎖脂肪酸をサポートする菌活サプリ」ですが、3つの中で選ぶなら「ラクビ」がオススメ。

「短鎖脂肪酸」を増やすケアがもっとも充実しているので、ダイエットの方に最も頼りになる存在です。

定期購入が必要なのですが、いつでも解約できるので気軽に試せますよ♪

菌活サプリ選びで迷われたなら、ラクビをオススメします!

※”お得な価格”や”定期購入の縛りなし”は、メーカーの公式サイトで購入した場合のみ

ラクビはSNSでも話題になっています♪

「ラクビ」はキャンペーン中だったらお得に買える

ラクビ」は、管理人の私も愛用しています。

私は普通だったら楽天やアマゾンで買うんですけど、たまたまメーカーのホームページから買った方が安かったからそっちで買いました。

私が注文した時はキャンペーン中だったので、楽天より全然安く買えちゃいました♪

もしキャンペーンが終わっていたら通常価格なので、そのときはごめんなさい(+_+)

※ちなみに薬局やドラッグストアでは扱ってなかったです。

kirei
タイトルとURLをコピーしました