国民健康保険を滞納するといつ差し押さえになる?会社にバレる?

~目次~

1.国民健康保険を滞納すると、いつ差し押さえになる?
2.差し押さえられたら”会社や家族”にバレる?
3.国保滞納を”根本から解決”するには?

1.国民健康保険を滞納すると、いつ差し押さえになる?

~滞納から差し押さえまでの流れ~

 

①納付期限を一日でも遅れると「滞納」※延滞金の発生
20日以内に「督促状(とくそくじょう)」が届く
電話や文書等にて本人に連絡が来る
④財産の調査がされる
⑤差し押さえ

督促状が届いてから10日経っても納付しなければ、「いつでも差し押さえ」が可能になります。

ただし。

必ず差し押さえがされるわけではなく、ほとんどのケースではもっと後のタイミングでの差し押さえになります。

具体的にいつになるかは、行政(市町村の職員)の対応次第なのです。

国保滞納を”根本から解決”するには? >>

2.差し押さえられたら会社や家族にバレる?

差し押さえが行われる場合、ほとんどが
●預金口座の凍結
もしくは
(毎月手取り額の4分の1が抑えられる)
になります。

当然ながら給与が抑えられた場合、その時点で会社にバレてしまいます。

同居する家族がいる場合は?

差し押さえする以前に、自宅に電話や文章で役場から連絡が来る時点でバレる可能性が高いです。

「払えないから、このままにしておこう・・」と考えるのは危険です。

3.国保滞納を”根本から解決”するには?

やっぱり、カードで借入してでも払ったほうがいいのかな・・?

国保を払うためにカードローンで借金を重ねる前に、根本から解決する方法があります。

それは。

今日本では“借金で苦しんでいる人のための救済措置”があるのを知ってますか?

借金を0にはできませんが、減らすことができれば「借金が膨れ上がる」今の状態から脱出できる!

国が認めている”救済措置”を使えば『自己破産せずに借金を大幅に減らせる』のです。

実際にあった事例としては、

●月々の支払100,000円29700円
●月々の支払150,000円35300円
●借金総額120万円80万円
●借金総額300万円200万円

など、ほとんどの人が減額に成功しています。

あなたはいくら減額できる?調べてみる(無料) >>

どうして、借金が減額できる可能性があるの?

弁護士
・利息カット
・債務の減額
・返済期日の延期
『カード会社』に交渉してくれるからです。

これは年間200万人ほどが利用している、「いつまでも借金が減らない」人のための救済措置なのです。

まずは実際にいくら減額できるのかがわかる「減額診断サービス」を使ってみましょう。

※減額診断は「匿名OK・住所入力不要」ですので、個人が特定されることはありません。

質問は、
●借入金額
●借入期間
●返済状況
に答えるだけ(すべて選択式)

本名を出さずに調べられるので、誰にもバレません。

いくら減額できるか診断してみる(無料) >>

 

 

 

 

 

kirei
タイトルとURLをコピーしました