【男性必見】離婚による家のローンの支払いと名義変更の問題

離婚後の住宅ローンの支払い&名義変更はどうなる?

原則、『ローンの名義人』が離婚後も支払います。

では、
●住宅ローンが「旦那名義」の場合
●住宅ローンが「共同名義(=共有名義)」の場合
それぞれのケースを見ていきましょう。

1、ローンが「旦那名義」の場合

「旦那名義」の場合、妻にローンの支払い義務はありません。

引き続き旦那さんがローンを払い続けるため、「妻と夫で折半して払う」ことはないのです。

でも・・妻が連帯保証人の場合は?

奥さんが連帯保証人でることが「融資条件」のため、旦那さんが払えなくなると「妻が一括で残債を返済する義務」が発生します。

連帯保証人は変えられませんので、
●ローン残債を一括で完済
●住宅ローンの借り換え
●家を売る
のいずれかを選択し「連帯債務を解消」する必要があるのです。

多くの場合は「ローンの借り換え」を選択しますが、旦那さん単独だと以前のようなローンの金額を組むのがそもそも難しいという問題も。

借り入れが難しいと最終的には「家を売る」という選択肢も必要になります。

どちらを選択するにしても「今家を売ったらいくらになるのか」を調べておくことをオススメします。

家のローン以外にも、もう一つ大事な『お金に関する問題』>>

2.「共同名義(ペアローン)」の場合

・ペアローン
もしくは
・連帯債務
など、二人でローンを支払っているケースについて。

ペアローンも連帯債務も、「2人で支払う」ことを前提に融資を受けているもの。

つまり、どちらの場合も「単独名義」への変更は極めて難しいです。

離婚後も2人で支払うという選択肢もありますが、
●片方の”支払いが滞る“と
●もう1人に残りの債務を支払う義務が発生がある
ので、ほとんどの夫婦は選択しません

現実的には「ペアローン」「連帯債務」を解消する必要があります。

解消するには、
●ローンの借り換え
●一括返済
●家を売る
のいずれかになります。

多くの場合は「ローンの借り換え」を選択しますが、旦那さん単独だと以前のようなローンの金額を組むのがそもそも難しいという問題も。

借り入れが難しいと最終的には「家を売る」という選択肢も必要になります。

いずれにしても、「今家を売ったらいくらになるのか」を調べておくことをオススメします。

住宅ローン以外にも、もう一つ大きな「財産分与」という問題

住宅ローンの支払い以外にも、あわせて考える必要がある「家の財産分与」問題。

家を売る・住み続けるに関係なく、今の家の時価を出してその半額を妻に払う義務があります。

ただし住宅ローンがある場合は、「家の時価」から「家のローン」を引いた額の半額で済みます。

※住宅ローンを妻と折半するわけではありません

いずれにしても、「家の今の価値(時価)」を調べておくことは必須です。

家の時価がわかれば、

 

財産分与がそもそも必要か調べられる(「家の時価よりローン残高が多ければ」支払う必要なし)

 

「財産分与を払って最終的にいくら残るのか」がわかる

 

『家を売る・住み続ける』どっちが得か判断ができる


今は不動産会社に行かなくても、ネットで「簡易査定」ができるので忙しい方はそちらがオススメ。

簡易査定について、もっとくわしく

ネットでできる「簡易査定」は、家に関するいくつかの質問に答えるだけで、相手に知られずに家の時価がわかります。

利用するのにお金はかかりません。

すぐに売却を申し込むのではなくあくまで「簡易査定」をするためのサイトです。

トータルで1分もかからない入力内容ですのでパパっと完了します。

家の簡易査定をしてみる(無料) >>

 

 

 

 

 

kirei
タイトルとURLをコピーしました