【女性必見】協議離婚の流れ・順序|事前にやっておくべきことも紹介!

「離婚を考えているけど、どういう流れでどういう手続きを踏めばいいの?」「協議離婚って聞くけど、他の離婚とどう違うの?」

離婚を決意したはいいものの、どうやって進めていけばよいのか不安な女性も多いかと思います。

ここでは、
●協議離婚とは?
●離婚の流れや手続き
●離婚前にやるべきこと
についてご紹介します。

<協議離婚って何?>

協議離婚とは、本人同士で話し合い、合意ができたら離婚届を出して離婚するというもの。

離婚する日本人の9割が「協議離婚」です。時間も費用も少ないので、お互いの負担が軽いのが特徴。

話し合いで解決しない場合にはじめて、
●調停離婚(弁護士など、第三者に入ってもらう)
●裁判離婚
になりますが、極めてレアなケースです。

協議離婚の流れ・進め方

~協議離婚の5つのステップ~

1.夫婦で話し合う
2.離婚の合意(お互い離婚することに納得)
3.離婚の条件の合意
 ・慰謝料/財産分与/養育費 ※お金のこと
 ・親権や面会交流 ※子供のこと
4.公正証書の作成(合意した内容を文章化)
5.離婚届の提出

1~5のプロセスを経て、協議離婚が成立します。

1~3の段階では弁護士に依頼する必要性はないですが、「4の公正証書の作成」は弁護士を利用する方も多いです(手続きがスムーズになるため)

なるほど。だったらまずは旦那と話し合いをすればいいのね。

旦那との話し合いの前に、準備しておいた方がいいこと

事前準備をせずに、旦那さんと協議離婚の話し合いをするのはオススメできません。

どうして??

話し合いで一番もめやすいのが「家の財産分与」。そのため妻側でも事前準備が必要です!

~財産分与とは?~

・夫婦が共同で築いていた財産を、離婚時に分けること。
・預貯金はもちろん、家や車なども”お金に換算して”その半分の金額を妻がもらえます

※「旦那名義の家」「専業主婦」「ローンがある」いずれであっても、もらえます

基本は旦那との話し合いで決めますが、話し合い前に”事前準備が必要”なのが「家の財産分与」。

妻がすべきは、家の財産分与を受け取るために「家の査定額※を調べておく」こと!

(※査定額=売ったらいくらになるのかの金額)

家の査定額を調べておかないと、「本来はもっともらえるはずなのに、全然もらえなくなる」リスクがあるのです(*_*)

家の財産分与は「原則2分の1の金額に換算して妻がもらう」ことで決まっていますが、元となる家の値段(時価)は話し合いで決めることになります。

旦那が時価を安く提示してきて、”旦那に言いくるめられる”可能性があるのです。

もしあなたが旦那さん任せにすると、、

~旦那側から言われる、よくあるパターン~

~パターンその1~
旦那「買ったときは1000万だったけど、●年たっている。今はほとんど価値がないので財産は分けられない」
→×そんなことはない。根拠がない話に乗らないこと。

~パターンその2~
旦那「ローンが残っていて俺が払うから、家の財産分与はできない」
→ローンが残っていても、財産分与をする義務があります。
今の家の価値を出して、そこからローンを引いた額が財産分与の対象になります。

旦那さんと財産分与の話し合いをする前に、おおよそでいいので、あなたが事前に査定額を調べることがとっても大事。

~今からやっておいた方が良いこと~

 

1.自分の家の”おおよその査定額”を調べておく(簡易査定)

 

2.旦那が提示してきた金額と比べる

 

3.明らかに旦那の提示金額が安ければ、正式な査定を不動産会社に依頼する

 

というのが「損をせず財産分与を受ける」やり方なのです。

決して事前準備なしに「旦那と話し合って決めよう」なんて思わないでください。

離婚を決めた旦那にとってあなたはほとんど他人。

できるだけ支払いを少なくしたい、そのためにうまいことを言って財産分与を最低限に済ませようとしますから。

財産分与をしっかりもらうことは妻側の権利です。

まずは、今の家の査定額がいくらか(簡易査定)だけでも、やっておきましょう!

どうやって”家のおおよその査定額”を調べればいい?

なるほど。。でも、不動産会社に査定のお願いって私でもできるのかしら?ハードルが高そう・・

たしかに、不動産会社に来てもらって査定してもらうのは、大変そうなイメージがあるかもしれません。

個人的にオススメしたいのは、ネットで簡易査定ができる「無料査定サイト」を利用すること。

家に関するいくつかの質問に答えるだけで、おおよその家の査定ができちゃいます。

入力時間も1分くらいで終わるのでカンタン。

[自宅の坪数・間取りがわかる方]
家の簡易査定をしてみる(無料) >>

 

[自宅の坪数・間取りがわからない方]
自分の家の坪数や間取りをカンタンに出す方法 >>

kirei

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました