カインズのリフォーム、口コミ評判はどう?

カインズのリフォームって、実際どうなんだろ・・?

よくわからない会社にお願いするよりも、「相談しやすい」「安心できる」イメージがあるかもしれません。

ここでは、
●リアルな口コミ
ホームセンターでお願いするデメリット
リフォーム前に抑えておきたい、助成金の話
について、ご紹介します!

カインズでリフォームをお願いした人の口コミ

値段が・・

中古住宅を2回購入した事があり、その2回共をリフォームしました。ここを選んだのは名前で安心感がありましたが、実際にお願いしてみると結構なお値段でした。結局、自分で見つけてきた工務店で見積もりをとり、お値段のあまりの違いにビックリはしましたが、その工務店を信用してリフォームを頼みました。

50代男性

私は以前 ●-ナンでシステムキッチン取付工事を行い散々な目に遭いました。酷い仕上がりで、下請け大工の手抜きが凄いです。問い合わせたところ手抜きを確認しても知らんふりで、こちらから指摘して初めて手抜きを認めます。他の人も書いているように、ただ下請けに丸投げ!良いリフォームが出来るはずがありません。

40代女性

大手の良い点はネームバリューとがあるので安心できるところ。それ以外は大したメリットはありませんね。高い見積もりなのに良い材料を使ってるわけじゃないし、
下請けに丸投げ状態だから下請けの施工レベルで良し悪しが出ます、しかも下請けにはキツキツの予算しか出さないんだから、質の高い仕事など無理・・・

50代男性

助成金の対象になる工事は? >>

う~ん。ホームセンターというブランドがあるからしっかりやってくれるイメージがあったけど、結局は下請けの腕に左右されるんだね・・

カインズのリフォームのカラクリ

カインズのリフォームといっても、
●カインズはあくまで『窓口』
ですので、
●実際に施工するのは”提携している工務店”です。

間にホームセンターが入ってくれるという安心感はありますが、実際には提携している工務店の腕に左右されます。

そんなに工務店によって、技術力って違いがあるもの?

しっかりした工務店が手掛けるのと手掛けないのとでは、

●仕上がりの良さ
だけでなく
●耐久性がしっかりある(見えないところで手を抜かない)

といった面で”大きな差”が出てきます。

また、カインズが間に入っている分リフォーム代金は割高になりがち。

~メリット・デメリットのまとめ~

 

メリット→間にカインズが入るので安心

 

デメリット→仕上がりは工務店の腕しだい・割高

なるほど。メリット・デメリットを考えながら、どうするか決めた方がよさそうだね。

ちょっと待ってください。

カインズでのリフォームを検討する前に、おさえておきたいこと

お願いする・しないに関わらず、事前に抑えておいた方が良いことがあります。

それは・・

あなたのリフォーム工事が「助成金」の対象になるか、知りたくありませんか?

各自治体が「一定の基準」をクリアしたリフォームに対し、費用の一部を「助成金」として補助する制度があるのです。

~助成金の対象になる場所~

●トイレ
●お風呂(浴室・ユニットバス)
●キッチン
●玄関
●リビングや和室

どんな工事が対象になるの?

おもに「断熱・エコ・省エネ・バリアフリー・耐震性・ウイルス対策」に関するものになります。

~対象になる工事(ほんの一例)~

 

●窓・壁の断熱交換
●給湯器・節水型トイレへの交換
●高断熱の浴槽への交換
●喚起の良い窓・間仕切り設置
など

ここで上げたものは『ほんの一例』になりますので、他にもリフォーム内容によっては該当する可能性があります。

「とりあえず自分の家のリフォームが対象になるか調べたい!」という方は、リショップナビというサービスを使うのも一つ。

リショップナビについて、もう少しくわしく


リショップナビ

「リショップナビ」とは、ネット上で工務店を紹介してくれる仲介サービスです。

他と違うのは、「一方的に工務店を紹介」するのではなく「事前に専門スタッフに相談ができる」ところ。

どういうこと?

工務店を紹介する前に、リショップナビの専門スタッフ
●あなたの家のリフォームが助成金の対象になるか
●助成金の「申請期間」はいつまでか
等を相談することができます。

該当する助成金があることがわかれば、
「助成金に詳しい業者の紹介」
「見積もり」
をお願いする、という流れになります。

※助成金に詳しい工務店だと、提出書類なども工務店側で作成してくれます。

リショップナビの助成金の相談&紹介は無料で、後からお金がかかることもありません。

「リショップナビ」の詳細を見てみる >>

でも、今すぐリフォームするわけじゃないけど・・

今すぐリフォームする予定がなくても、早めに相談しておくことをオススメします。

なぜなら。

助成金は年度ごとに「募集期間」が決まっているので、あらかじめ予定を確認しておくのがオススメ!

利用は無料ですので、とりあえず「自分の家が助成金の対象になるか・期限はいつまでか」だけでも専門スタッフに確認しておいてください。

リショップナビで助成金を相談してみる >>

 

 

 

 

 

kirei
タイトルとURLをコピーしました