パナソニック 光美容器・光エステの口コミはどう?競合商品と比較しながら評価します!

家庭用脱毛器として最近注目を集めている「パナソニックの光エステ」

特に家電量販店では、1・2を争うほど人気の脱毛器です。

(ES-WP97/ES-WP87/ES-WH77/ES-WP82 などがあります)

ただ・・「本当にコレで脱毛できる?」と半信半疑の方も多いのではないでしょうか。

  • 本当に毛が生えてこなくなる?
  • ケノンやトリアよりいいの?
  • 生の声が知りたい!

パナソニック 光エステの口コミを通じ、「実際のところどうなのか」について調べてみました!

パナソニックの光エステはどう?気になる口コミ

大手サイトには「良い口コミ」がいくつか見られました。

ただ、その一方で悪い口コミもあったのが気になります・・。

「パナソニックの光エステ」は「満足できる人」と「満足できない人」に分かれるってことね・・。

特に光エステは
●時間がかかる(照射範囲が狭い)
●照射力が弱く、すぐ生えてくる
といった不満の口コミが多くありました。

光エステはコンパクトな分、「照射パワー不足」が心配されるところ。

たしかに見た目はオシャレなんだけどね・・

もし「しっかり脱毛できる家庭用脱毛器がいい」という方は、パナソニックより「ケノン」の方がオススメ。


ケノン

パナソニックの光エステと同じフラッシュ(光)式の脱毛器です。

口コミ評価の件数が『光エステの100倍以上』あり、「脱毛に満足」しているという評判が非常に多いのが特徴。

「はじめは光エステを使っていたけど、ケノンに切り替えた」という口コミもいくつかありました。

パナソニックの光エステとケノンを比較

 
光エステ ケノン
画像
脱毛方式 光脱毛 光脱毛
照射パワー
照射回数
30万回

300万回
本体 ハンディタイプ ハンディ+本体タイプ
VIOへの使用
V・Iラインのみ

VIOいずれも使用可能
価格 69800円~71480円 69800円

照射パワー(脱毛力)を比較

ケノンはパナソニックの”およそ3倍”の消費電力のため、照射力はしっかりあります。

 
パナソニック ケノン
パワー調節
5段階

10段階
消費電力 75ワット 220ワット

「照射力が強いと自分の肌に合うのかな?」と不安になるかもしれませんが、力を10段階に細かく調整できるのでその点は大丈夫です。

むしろ、家庭用脱毛器は”照射力が弱いのがほとんど”なので重視すべきは「照射力の強さ」。

※ちなみにケノンの電気代は、週1回(2時間)使っても、1か月でおよそ48円です。

ケノンはどうして他の脱毛器より照射力があるの?

ケノンは「コンデンサ」と呼ばれる出力装置が、他の4倍あるからです。

↓こんなイメージです↓

 
パナソニック ケノン
コンデンサ
1個

4個

コンデンサがたくさんあるので照射パワーが強く、脱毛効果も満足しやすいというワケなのです。

なるほど。デメリットはないの?

ケノンのデメリットは、「外出先に持っていきずらい」という点。

パナソニックの光エステは”ハンディタイプ”ですので、手に持つ部分だけで使えます。

一方でケノンは”ハンディ(手に持つ部分)”と”コンデンサがある本体”をつないで使う必要があります。

ただその分コンデンサがしっかり搭載されているので、高い照射パワーで脱毛できます。

光エステは見た目がコンパクトで扱いやすいですが、実用性を考えるとケノンの方がオススメ。

価格の違い

 
パナソニック ケノン
価格 69800円
~71480円
69800円
値段で比べてもほとんど変わらないので、照射力がしっかりあるケノンの方がオススメ。

「光エステ」の詳細を見てみる >>

「ケノン」の詳細を見てみる >>

※”お得な価格”や”1年保証”は、メーカーの公式サイトで正規品を購入した場合のみ

ケノンはキャンペーン中だったらお得に買える

ケノンは管理人の私も愛用しています。

ケノンの公式サイトで買うと、
●メーカー1年保証
●28000円引
●4色から選べる
とお得。

これは今がキャンペーン中なので、キャンペーンが終わるとこれらの特典はつきません。

2つの人気脱毛器をもう一度比較

 
光エステ ケノン
画像
脱毛方式 光脱毛 光脱毛
照射パワー
照射回数
30万回

300万回
本体 ハンディタイプ ハンディ+本体タイプ
VIOへの使用
V・Iラインのみ

VIOいずれも使用可能
価格 69800円~71480円 69800円

※”お得な価格”や”1年保証”は、メーカーの公式サイトで正規品を購入した場合のみ

kirei
タイトルとURLをコピーしました