ノノモ(nonomo)の評判・口コミはどう?競合商品と徹底比較しながら評価します!

脱毛・除毛クリームの中でも比較的新しく登場した「ノノモ(nonomo)」

美容家やモデルさんも愛用していて、SNSでもたびたび目にすることが多い商品です。

ただ・・「本当にムダ毛がしっかり取れて、薄くなる?」と半信半疑の方も多いのではないでしょうか。

  • 本当にツルツルになる?すぐに黒いポツポツが見えてこない?
  • 自分に合うのかな?合わなかったらどうしよう?
  • メーカーの口コミって、ステマっぽくって信用できない・・

ノノモの「本当のところ」について、調べてみました!

ノノモ(nonomo)の口コミ・評判について

大手サイトの口コミを見たところ、予想通り「良い口コミ」が多く見られました。

ただ、その一方で悪い口コミもあったのが気になります・・。

特にお肌が弱くない方でも『お肌が荒れた』と不満の口コミがいくつかあったのが気になりました・・。

除毛クリーム全般に言えるのですが、毛を溶かして除毛するためお肌への負担はどうしてもかかってしまいます。

いくらツルツルになっても、赤くなってしまっては意味がない・・

もし、肌荒れが心配であれば、同じ除毛クリームの「ムーモ(moomo)」をおすすめします。


ムーモ(moomo)

    ~「ムーモ(moomo)」をオススメする理由~

    ●主成分はノノモと同じ
    ●お肌のダメージを抑える”高保湿成分”を配合
    ●抑毛(ムダ毛を新たに生えにくくする)成分も配合

どちらも除毛クリームとして優秀なものですが、肌が荒れないようにしっかりケアして除毛できる「ムーモ」がオススメ。

「はじめはノノモを使っていたけど、ムーモに切り替えた」という口コミもいくつかありました。

ノノモ(nonomo)とムーモ(moomo)のくわしい違い

「ノノモ(nonomo)と比べて、具体的にどこがどう違うの?どんな特徴があるの?」

両者の違いについて、表にまとめてみました。

 

ノノモ(nonomo)

ムーモ(moomo)

画像

タイプ

クリーム

クリーム

除毛成分


チオグリコール酸カルシウム


チオグリコール酸カルシウム

抑毛成分
※新たなムダ毛を抑える



大豆エキス

肌荒れ防止成分



高級シアバター

香り

アロマ

ラベンダー

価格(定期購入)

初月:550円
2か月目~:5390円

初月:980円
2か月目~:4989円

中身(成分)の違い

除毛剤選びで一番外してはいけないポイントは「毛を溶かす成分」がきちんとしたものかどうか。

保湿成分やら美肌成分なども大事ですが、まず重視すべきは除毛成分。

ノノモもムーモも、厚生労働省が認可した「チオグリコール酸カルシウム」が主成分ですのでしっかりした効果が期待できます。

市販の安価な除毛剤には配合されていませんので、ご注意を。

続いて、「ノノモ」と「ムーモ」の違うところです。

ノノモは美肌成分が充実していて、コラーゲンやヒアルロン酸などを配合。

単に除毛するだけでなく、お肌も綺麗な状態に仕上げてくれます。

一方ムーモは、お肌をやさしくいたわりながら除毛することができます。

エステでよく使われる「高級シアバター」と呼ばれる高保湿成分を配合。

除毛する際にお肌が乾いているとダメージを受けるため、しっかり潤しながら除毛することでお肌を守ります。

ノノモもムーモも、除毛成分はしっかり配合されていますが、お肌が荒れないようにケアする点では「ムーモ」の方が優れています。

ムーモはさらに「抑毛(よくもう)」成分も配合。

『大豆エキス』のイソフラボンが女性ホルモンに似た作用を持ち、再び毛が生えるのを抑える効果が期待できます。

いくら剃っても、すぐに生えてきては大変。

今あるムダ毛を剃りながら、同時に”新たなムダ毛が生えにくい肌”を作るのがムーモの特徴です。

価格の違い

どちらも定期購入が必須ですが、ムーモの方が値段は安いです。

    ●ノノモ
    初月:550円
    2か月目~:5390円

    ●ムーモ
    初月:980円
    2か月目~:4989円

はじめの月こそノノモが安いですが、毎月続けていくことを考えるとムーモをオススメします。

そもそも定期購入をしたくない!という方はジョーモという除毛剤をオススメします。

ジョーモの詳細を見てみる >>

「ノノモ(nonomo)」の詳細を見てみる >>

「ムーモ(joomo)」の詳細を見てみる >>

ムーモはSNSでも話題になっています♪

「ムーモ(joomo)」の詳細を見てみる >>

「ムーモ」はキャンペーン中だったらお得に買える

ムーモ」は、管理人の私も愛用しています。

私は普通だったら楽天で買うんですけど、たまたまメーカーのホームページから買った方が安かったからそっちで買いました。

私が注文した時はキャンペーン中だったので、楽天より全然安く買えちゃいました♪

もしキャンペーンが終わっていたら通常価格なので、そのときはごめんなさい(+_+)

※ちなみに薬局やドラッグストアでは扱ってなかったです。

なるほど・・でも、他にもっといい商品ってないのかな?

「ムーモ」や「ノノモ」が優れているのは、

    ●厚生労働省が認可した「チオグリコール酸カルシウム」を主成分にしている

からです。この点をしっかり抑えた除毛剤は限られていますが、他のものをご紹介したいと思います!

厳選!除毛クリーム3つの比較表

いずれも「チオグリコール酸カルシウム」を主成分にした「除毛クリーム」です。

 

ムーモ

ノノモ

ちゅらりも

画像

特徴

肌荒れ・ダメージ防止
人気No.1

美肌成分配合

お得感がある

抑毛成分
※新たなムダ毛を抑える


大豆エキス



大豆エキス

塗ってから除毛するまでの放置時間

5分

5分

10分

香り

ラベンダー

ホワイトアロマ

ラベンダー

定期購入:初月
※税込

980円

550円

1980円
※2個

定期購入:2か月目~
※税込

4989円

5390円

5478円

詳細

あなたにピッタリの除毛クリームはどれ?

いずれも厳選した除毛クリームですが「どんな基準で選んだらいいのかわからない・・」という方も多いかもしれません。

そこで「こんな方にはこれがオススメ!」といった形でご紹介したいと思います!

  • 肌荒れしたくない!お肌にやさしいものを使いたい!
  • ただ除毛するだけでなくお肌をきれいにしたい
  • お得に買えるものがいい!

肌荒れを防ぎたい、お肌にやさしいものを使いたい方は・・


ムーモ

「お肌が荒れやすい」「過去に除毛クリームを使って肌荒れした」方であれば、ムーモがオススメ。

3つの除毛クリームはいずれも保湿成分がしっかり入っていますが、ムーモは特に「保湿効果の高い”高級シアバター”」を配合。

エステサロンでのマッサージに使われるほどの高級成分で、高い保湿効果が期待できます。

お肌の潤い効果が高いほど、除毛した際のお肌のダメージを抑えられるので敏感肌の方に良いでしょう。

単に除毛するだけでなく、お肌をきれいにしたい方は・・


ノノモ

「除毛したあとのお肌を、ツルツルにしたい」方であれば、ノノモがオススメ。

ノノモは美肌成分が充実しており、「卵角膜エキス」に含まれるコラーゲンがお肌にハリと潤いを与える効果が期待できます。

ただし、除毛クリームは基本的に「洗い流すもの」ですので、”美容成分の浸透”という面で考えると少し弱いかもしれません・・

お得に買いたい方は・・


ちゅらりも

「少しでもお得に買いたい」方には「ちゅらりも」がオススメ。

いずれの除毛クリームも定期購入が必要ですが、「ちゅらりも」だけ初回分は2個ついてきます。

2か月目以降は1個になりますが、初回だけでもお得にたっぷり使えるので、お得感があるかもしれません。

おすすめの除毛クリーム3商品の比較表

 

ムーモ

ノノモ

ちゅらりも

画像

特徴

肌荒れ・ダメージ防止
人気No.1

美肌成分配合

お得感がある

抑毛成分
※新たなムダ毛を抑える


大豆エキス



大豆エキス

塗ってから除毛するまでの放置時間

5分

5分

10分

香り

ラベンダー

ホワイトアロマ

ラベンダー

定期購入:初月
※税込

980円

550円

1980円
※2個

定期購入:2か月目~
※税込

4989円

5390円

5478円

詳細

3つの除毛クリームの中で、一番おすすめは?

総合的に見て、一番オススメできるのは「ムーモ(moomo)」です。


ムーモ

~おすすめポイント~

  • チオグリコール酸カルシウムを配合、保湿成分も充実
  • お肌のダメージを抑える”高保湿成分”を配合
  • 抑毛(新たなムダ毛を抑える)成分入り
  • 除毛クリームの中で知名度・人気No.1
  • 価格も3つの中では一番安い

除毛・抑毛(新たなムダ毛を抑える)のWケアに加え、肌荒れを防ぐことができるのでトータル的に優れています。

もともとが女性向け除毛クリームの中で人気のあるものであり、ムーモを真似て新規商品が作られているほどです。

たくさんの人に使われているということは、それだけ安心できるということ。

除毛クリーム選びで迷われたら、「ムーモ(moomo)」をオススメします!

※お得な価格になるのは、メーカーの公式サイトで購入した場合のみ

kirei
タイトルとURLをコピーしました