まぶたの痙攣が止まらない原因と対処法

何もないのに突然、まぶたが急にピクピクと動き出してしまい、自分ではどうすることもできなくなることありませんか?

「えっ?何これ?気になってイライラする!!」

普段からパソコンやスマホをよく見る方は、ただの「疲れ目」と思ってしまいがち。

でも、なかなか止まらず気になっている方も多いかもしれません。

“まぶたのピクピク”が起こる原因と、対処法について、まとめてみました。

まぶたの痙攣は、どうして起こる?

下まぶた or 上まぶた が痙攣(けいれん)を繰り返すのは「眼瞼(がんけん)けいれん」の可能性があります。

※眼瞼=まぶた。眼球を覆っている皮膚のこと。

「眼瞼けいれん」とは、ぶたを閉じる筋肉への命令がうまくいかなくなるまこと。

原因はハッキリしておらず、考えられるのは

ストレスや疲れ
●安定剤や睡眠導入剤などの薬の副作用

などが考えられるようです。

現時点では、根本から治す方法が確立されていません。

今のまま放置すると、どうなる?

基本的には命に関わる病気ではありません。

症状の進行具合によって「軽度・中度・重度」に分かれますが、圧倒的に多いのは軽度。

ほとんどの場合は軽度の状態ですが、重症化すると最悪「まぶたを開けるのがつらくなる」ことも。

急激に進行することはないだけ、他の病気と比べるとマシかもしれません。

ですが、黙っていても完治はせず、緩やかに進行するのが厄介なところ。

病院に行った方がいいの?

「眼瞼けいれん」の場合、黙っていて完治することは極めてまれな病気です。

症状が深刻化する前に病院で診てもらい、正しい治療を受けることをオススメします。

神経内科か脳神経外科の受診が、一般的です。

病院で治療を受けても完治は難しいですが、重症化するまえに進行を食い止めることが何より大事。

病院に行くと、どんな治療を受けられるの?

具体的には、

●目の周囲の筋肉への注射
●抗けいれん薬、抗不安薬などの薬の投与

といった治療により、進行が重症化するのを防いでいきます。

ですので、痙攣が1週間以上続いているのであれば、病院で診てもらうのが確実です。

ただ、今の時期はコロナの影響もあるので、もう少しおさまってから病院に行くことをお勧めします。

幸いにも『症状はゆるやかに進行する』ものですので、そこまで緊急性は高くありません。

それはわかったけど、、とりあえず止める方法はないの?

とはいえ、毎日不定期にピクピクするのはストレスになりますし、外出すると人の目が気になるもの。

神経の問題ですので、”温め”たり”ツボ押し”で収まるということはありません

どうしても症状を抑えたいのであれば、とりあえずの応急処置として「まぶたの痙攣を抑えるクリーム」を使うのも一つです。

気になる場所に塗ることで、一時的に症状を抑えるというもの。

根本から治すものではありませんが、不快な症状を抑えられるので実際に愛用している人も多いです。

メーカーの通販でしか扱っていませんが、返金保証もついているので、とりあえずお試しすることができます。

まぶたの痙攣を抑えるクリーム >>

kirei
タイトルとURLをコピーしました