漫画や映画・ドラマの情報てんこ盛り!芸能・エンタメ情報もたまに更新。

エンタメあらすじ・ネタバレまとめ!

女優・俳優

ブレイク・ライブリーはゴシップガール以外にどんな作品に出ている?

投稿日:

人気ドラマ「ゴシップガール」のセレーナ役で大ブレイクし、一躍ハリウッドの人気者となったブレイク・ライブリー。

高校生役を演じていた彼女も今やモデル並みのスタイルと美貌で素敵な大人の女優さんです。そんなブレイクの魅力や出演作などご紹介します!

1.ブレイク・ライブリーってどんな人?

出身・経歴

1987年8月25日、アメリカ(カリフォルニア州)出身。父親は俳優兼監督、母親はマネージャー。

5人兄弟の末っ子で、4人の兄姉も俳優。1998年映画「サンドマン」でデビューし、2007年放送開始のテレビドラマ「ゴシップガール」でブレイク。

スタイル・ファッション

身長178㎝、体重59㎏。女性としてはかなり高身長で、モデル並みのスタイルです。

そのスタイルを生かした着こなしは、スタイリストを付けずにパーティーのドレスなども全て自分で用意するのだとか。ファッションアイコンとしても注目を集めており、グッチやシャネルの広告にも度々登場しています。

恋人は?結婚は?

~ブレイクの恋愛遍歴~

・ 2004年~2007年 ケリー・ブラッツ
・ 2007年~2010年 ペン・バッジリー(俳優)
・ 2011年~5カ月   レオナルド・ディカプリオ(俳優)
・ 2011年~      ライアン・レイノルズ(俳優) 
2012年にライアン・レイノルズと結婚。2014年第一子女児、2016年第二子出産

2.ブレイク・ライブリー出演映画3選

作品名:旅するジーンズと16歳の夏

制作年:2005年

レビュー(ネタバレあり):

母親同士が同じマタニティ教室で、ティビー、リーナ、カーメン、ブリジットの4人は生まれる前から一緒にいた。16歳になる今も行動は共にしている。そんな4人が、初めて別々に夏を過ごすことになる。別れる前、奇跡的に4人全員が履けるジーンズを見つけ、この夏代わりばんこに履いてそれぞれの思い出を刻むことにした。

ティビーは地元のスーパーでバイトをしていた。ある日バイト先で倒れた一人の少女と出会う。彼女はベイリー。白血病で最後の時間を精一杯過ごしていた。そして彼女の死と直面する。

リーナはとても美人だけど、いつも自分の殻に閉じこもっていた。そんな彼女が初めて単身ギリシャに渡り、コストスという男性と恋をする。祖父母同士の中が悪く、別れの危機に直面するも最終的に結ばれる。

カーメンは離婚したパパの住む町を訪れたが、パパは婚約者とその連れ子と暮らしていた。パパは新しい家族に時間を割き、カーメンは二の次にされてしまう。

体調を壊し母親のもとへ戻ったカーメンはパパに電話で初めて不満と寂しさを吐露する。最後にはみんなの計らいで、あのジーンズを履いてパパの結婚式に出席する。

ブリジットはメキシコのサッカーキャンプに参加し、コーチを好きになるがフラれてしまう。

元気を無くし、家に戻るとティビーとカーメンが優しく慰めてくれた。ブリジットの部屋から犬がジーンズをくわえて持ち出した。

追ってみるとコーチの姿が。「君が大人になったら、今度は僕が迎えに来る」と語った。

バラバラ過ごした夏だったが、4人はお互いに経験したことをよく知っていた。そして、あのジーンズも4人の夏を全て見てきたのだ。

口コミ・感想:

・女の子4人の夏休み。もう一度学生時代に戻って最高の親友と過ごしたい!って思いました。見てよかったです。

・重すぎず、見る人を選ばないハートフルムービー。出会いあり、恋愛あり、親子愛あり…で最後はハッピーエンドで清々しい映画でした!

・4つのストーリーがそれぞれとても現実的で、身近に感じられましたし、場面の切り替えのタイミングが秀逸でわかりやすかったです。

作品名:ザ・タウン

制作年:2010年

レビュー(ネタバレあり):

アメリカで一番治安の悪い街、チャールズタウン。今日もどこかで強盗事件が起きている。

仕事といえば裏家業で、親の代から続く伝統のようなものになっていた。この街に住むダグも、強盗のリーダー。いつもながら素早く銀行強盗を終えるはずだった彼はなぜか女性を人質に取ってしまう。

彼は人質の女性に恋をしてしまい、2人も愛し合ってしまうという、あってはならないことをしでかしてしまう。

ダグは足を洗いたいが仲間はそれを許さない。彼女はダグの正体を知りショックを受ける。

ダグたちは最後の大仕事として、スタジアムの襲撃を計画。金を強奪したが、外には警察車両が。警察との激しい銃撃戦で仲間は次々と亡くなったが、警察服に変装していたダグは助かる。

街を離れることになったダグは最後に女性に電話をする。警察がマークしていることを知っているダグに、彼女は秘密の暗号を伝える。ダグは彼女に会うのを諦め、秘密の場所へ大金を埋めたのだった。

口コミ・感想:

・展開もわかりやすく、間延びすることもなく、ハラハラするシーンもあって魅せるのが上手な映画だなぁと思いました。

・複雑に絡み合う個々の心理描写がうまく表現されていて、見ごたえあり。カーチェイスも迫力あって大満足。

・悪い人だとわかっていても、主人公に感情移入してしまった。最後は切なさの中にも少しの光がみえて余韻に浸れました。すれてるブレイク・ライブリーが魅力的!

作品名:ロスト・バケーション

制作年:2016年

レビュー(ネタバレあり):

母の思い出のビーチを訪れた医学生のナンシー。送ってくれた現地の男性に礼を言いビーチの名前を聞いたが教えてはくれない。波乗りをするため沖に出ると先ほどの男性たちも波乗りを楽しんでいた。

日が暮れナンシーは最後にもう一度波を待つことに。男性たちは陸に上がっていく。

すると上空には大量のカモメがいて、その下に巨大なクジラの死骸が。その場から離れようとしたナンシーは突如何者かに足を噛まれて海に引きずり込まれてしまう。

慌てて目の前のクジラによじ登ると、巨大な黒い背びれが姿を現した。

浜の男性に助けを求めても声は届かない。ナンシーは海に飛び込み岩礁に登り、一晩そこで過ごすことに。

次の日男性がビーチに現れた。海にはサメがいる。ナンシーは浜に戻るよう叫ぶが、その叫びもむなしく男性はサメに襲われてしまう。

そしてナンシーの座礁に小型カメラがついたヘルメットが流れ着く。男性のものだ。カメラにメッセージを残し海に投げ入れるナンシー。

クジラが嫌がるクラゲの間を泳ぎ岩礁からブイにたどり着いたナンシー。サメがブイに向かって突撃してくると勢いで鎖が切れ、海中に引き込まれてしまう。

ナンシーとサメの向かう先には鉄骨が飛び出している。寸前のところでナンシーは離れ、サメは鉄骨に刺さり絶命する。浜に流れついたナンシーを現地の男性が助けてくれて、息を吹き返す。男性の手にはあのカメラがあった。

口コミ・感想:

・サメ映画はあまり見ないのだが、これはジョーズ以来の面白い映画だった。スリリングなサメ劇が見られて素晴らしかった。

・キレイなビーチとサーフィンするブレイク・ライブリーの美しさ。映像が素晴らしくリアリティもある。ゆっくりと確実に恐怖を与えていく演出がうまいなと思った。

・最後助かるのだろうとわかっていてもドキドキして見入ってしまった。美人でスタイルも良くて頭も良くて勇気あるって最強じゃん!

-女優・俳優

Copyright© エンタメあらすじ・ネタバレまとめ! , 2018 AllRights Reserved.