漫画や映画・ドラマの情報てんこ盛り!芸能・エンタメ情報もたまに更新。

エンタメあらすじ・ネタバレまとめ!

ドラマ

アメリカンホラーストーリーのカルトのネタバレ・感想

投稿日:

アメリカンホラーストーリーとは、どんな映画?

監督

ライアン・マーフィー

アメリカンホラーストーリーの概要

奇才ライアン・マーフィーが ";2016年アメリカ大統領選挙"; にインスパイアされて製作した衝撃のサイコ・スリラー。ミシンガン州に住み、両親を無理心中で亡くした青年。しかし彼は、恐怖で人を操るモンスターだった…。大統領選挙をきっかけに狂気を加速させた青年は、やがて最恐のカルト集団を創り、恐るべき計画を実行に移していくー。

-アマゾンの内容紹介より

主な配役・キャスト

・アリー・メイフェア・リチャーズ(サラ・ポールソン)

・アイビー・メイフェア・リチャード(アリソン・ピル)

・カイ・アンダーソン(エヴァン・ピーターズ)

・ウィンター・“ウィニー”・アンダーソン(ビリー・ロード)

・ルーディ・ヴィンセント(シャイアン・ジャクソン)

アメリカンホラーストーリー:カルト 第一話 混乱の幕開け

レズビアンのアリーは、パートナーのアイビーと息子のオズと共に暮らしていました。

そんな時、アメリカの大統領選挙が行われます。アリーとアイビーは熱心にヒラリーを応援していましたが、トランプ大統領が勝利したことにより大きな衝撃を受けます。

アリーはトランプ大統領の誕生に大きなショックを受け、ピエロ恐怖症や穴恐怖症といった様々な恐怖症を悪化させ、精神的に追い詰められていきます。

カイはアリーとは対照的に熱心なトランプ派で、ユダヤ人の公共施設などの警備をめぐって裁判所に申し立てるなど、移民に対して否定的な態度をとっています。

カイは移民がいかに危険な存在かを世間にアピールするために、わざと移民を挑発し、暴力を振るわれている所を撮影し、その映像をニュース番組に売り込みます。

アリーは精神的に追い詰められている中、スーパーへと買い物へ出かけます。しかし、そのスーパーの店主が熱心なトランプ派だと知りショックを受けます。

身近にいる人がトランプ派だと知り更に追い詰められたアリーは、スーパーの中でピエロの格好をした人物に襲われそうになり、どんどん精神的に追い詰められて行きます。

アリーの心労は続きます。パートナーのアイビーと街に出ると、カイに遭遇します。カイはアリーにわざと飲み物をかけ立ち去りアリーは苛立ちます。

その頃、アリーとアイビーはオズのために新しいシッターを探していました。

面接にやってきたウィンターは、ヒラリーを熱心に支持した活動をしていたことをアピールし、採用が決まります。しかし、実はウィンターはトランプ派のカイの妹だったのでした。

ウィンターは不審な行動を始めます。ピエロが好きなオズに人が殺される動画を見せ、これは強くなるために必要なことだと言い聞かせます。オズが動画を見続けていると、外に不審なピエロの集団がいることに気が付きます。

アリーとアイビーが帰宅すると、自宅の周辺は事件現場と化していました。事情を聞くと、オズがピエロが隣人を殺したのを窓越しにウィンターに持ち上げられて目撃したことを告げます。

しかし、ウィンターに口止めされていると言います。

アリーは激怒しますが、オズがその場を離れた後に、ウィンターからオズは持っていたピエロの本のせいで妄想を話しているのだと言います。

警察も隣人は無理心中であると断定したことで、アリーはウィンターの言うように、ピエロを恐れすぎているために自分もオズも妄想や幻覚を見たのだと信じます。

その夜、アリーは物音で目を覚まします。そして隣にピエロがいることに気づき、大きな叫びを上げるのでした。

この映画を見た感想

アメリカの大統領選挙というタイムリーな時事から、ピエロによる襲撃や殺人事件の目撃など衝撃的な場面が連続することで、スピード感のある物語展開が作られています。

個性的な登場人物たちがピエロという一つの共通の存在によってどのように繋がっていくのかが楽しみな第1話です。

gleeがもともと好きだった私ですが、このドラマの制作スタッフが携わっていたということで興味がありました。

ただ怖いだけではなくて、おしゃれな雰囲気もあったりと、作る側の「センスの良さ」も光る作品だと思います。

一度見始めたらノンストップで、次から次へと見たくなります。ただ、基本はホラーですので怖いもの、過激なものに抵抗がある方は止めた方がいいかもしれません。

出てくる人が、狂った人ばかりです。登場人物というかキャラも個性的で、決して見飽きることはないでしょう。

-ドラマ

Copyright© エンタメあらすじ・ネタバレまとめ! , 2018 AllRights Reserved.