漫画や映画・ドラマの情報てんこ盛り!芸能・エンタメ情報もたまに更新。

エンタメあらすじ・ネタバレまとめ!

漫画

【漫画】ジョジョの奇妙な冒険の4部の漫画のネタバレ!

投稿日:

ジョジョの奇妙な冒険とは、どんな漫画?

作者

荒木飛呂彦

内容

1999年の日本。平和な地方都市杜王町に空条承太郎がやって来た。この町に住む高校生、東方仗助はジョセフの浮気で産まれた息子だったのだ。そしてこの町に無気味なスタンドが迫っていた…。

-アマゾンの内容紹介より

発売日

1992/11/4

何巻まで、出てる?

ジョジョの奇妙な冒険のあらすじ

時は1999年、日本のM県S市にある杜王町で広瀬康一が高校に登校している時、一人の長身の男性にぶつかった。

その時、康一はたしかにカバンの中身をぶちまけたのだが不思議なことに気付くとカバンは元通りになっている。

この奇妙な出会いが彼の人生に大きな影響を与えることになるのだがまだ彼はそれを知らない。

男性の名は空条承太郎、かつてエジプトで悪の化身DIOと戦った男である。

承太郎は祖父ジョセフ・ジョースターの遺産分配に調査の際に見つかったジョセフの隠し子、東方仗助に会いに杜王町まで来たのだ。

その時、承太郎と康一の近くで不良グループにからまれる1人の少年がいた。

彼は亀を見ていたのだが不良グループにペコペコした態度をとり、調子に乗った不良グループがその亀に致命傷を負わせたけども少年は文句ひとつ言わない。

そんな姿を見て承太郎は不良に逆らえないなら目立つ格好をしなければ良いと言う。

そして不良たちに名前を聞かれた少年は東方仗助と名乗り、承太郎は彼が目的の人物だと知って驚愕するのだった。

そんな時不良の1人が仗助の髪型を「チンタラしてっとそのアトムみてーな頭もカリあげっど!」と言ってバカにした時、彼の雰囲気が一変する。

「おれの頭にケチつけてムカつかせたヤツぁ何もんだろうーとゆるさねえ! このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」

怒りで頭が沸騰した仗助はスタンドを出し不良グループの少年の顔を殴るのだが、潰れた鼻はなぜか変形した状態で治ってしまうのだった。

さらに不良グループが逃げた後仗助が触った亀はなぜか傷がなくなっており、一部始終を見ていた承太郎と康一は驚く。

承太郎は仗助に接触し、自分が仗助の父ジョセフ・ジョースターの使いで来て仗助が受け継ぐ遺産のことを説明したことを話す。

しかし、仗助は遺産はいらないしジョースター家に要らぬ混乱をもたらしてすまないと言い、殴られる覚悟で来た承太郎は拍子抜けするのだった。

そんなとこに来たのは仗助の女友達たちで話しに割り込まれてきた仗助たちは彼女たちを怒鳴りつけるのだが、その時仗助の髪型をバカにしてしまう。

表情を青ざめる女友達たち、そして怒りに満ちた表情を向ける仗助。

仗助はスタンドを出し攻撃をパンチのラッシュをしてくるのを承太郎は自身のスタンド、スタープラチナで防ぐ。

仗助のスタンドのパワーに驚愕した承太郎は10年ぶりに時を止めて仗助を殴り戦闘を終わらせるのだった。

そして承太郎は自身が杜王町に来たのは仗助に会うためだけではなく、仗助の姿を見ようとしたジョセフの念写により仗助の代わりに写真に写った凶悪な男、片桐安十郎が杜王町にいることを告げる。

仗助の奇妙な冒険の日々が今始まるのだった・・・

この漫画を見た感想

初めて読んだ時は他のジャンプ漫画とは違う絵柄に驚きましたがなぜか魅力を感じて好きになりました。

当時は兄弟や友達には絵がきもい漫画だと言われ肩身が狭い思いをしたものですが、ド迫力バトルの連続でとても大好きな漫画です。

あとは独特な空気感といいますか、学校生活の中でのやりとりも楽しさを感じました。

少し絵のタッチに「クセ」があり戸惑う方もいるかもしれませんが、いつの間にかその魅力にどっぷりはまるような、そんな漫画です。

すでに3部発売されていますが、スタンドも目新しいものが出てきたりと、アイデアがマンネリせずに出てくるのはさすがだと思いました。作者の方も緊張感をもって取り組まれているのでしょうね。

気になる点はストーリーがやや難しくなるところもあるので、パパっと頭を使わず軽く読める漫画がいいという方には不向きです。

逆にいえば、漫画なのにそれだけ物語の展開がいろいろと設計・計算されていることの表れでもあります。第四部だけでなく、まだまだこれから先も冒険が続いていくので、どっぷりはまりすぎないように注意です(笑)

-漫画

Copyright© エンタメあらすじ・ネタバレまとめ! , 2018 AllRights Reserved.