鼻や頬の毛穴が目立ってファンデが乗らない|毛穴スプレーでツルツル肌へ

鼻だけ化粧がのらないと、気になってしまうもの。

「メイクが乗らないので、どうしても厚塗りになってしまう」

「ファンデが浮いたり、まだらになってしまう」

などのお悩みがあるかもしれません。

「どうして、ファンデーションが浮いてしまう?」「どうやったら綺麗になる?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います!

ファンデーションのノリが悪く、浮いてしまう原因

鼻の部分だけ、どうしてもファンデが浮いてしまう・・一体、どうしてなのでしょう?

「ファンデとの相性が悪いのかな?」いえ、一番の問題はそこではありません。

ファンデが乗らないのは、皮脂分泌が盛んになっているから。

本当なら”鼻”と”ファンデーション”が密着するところが、皮脂があるために浮き上がってしまうのです。

お化粧乗りが悪い・ファンデが浮く・まだら(ムラ)がでる のは「皮脂」のせい。

どうして、鼻から皮脂がすぐに出てしまうの?

もともと鼻は「Tゾーン」と言って、皮脂分泌が盛んな場所。

ある程度「皮脂」が出やすいのは仕方ないのですが、もう一つ大きな原因があります。

毛穴の「皮脂汚れ」が落とし切れていないということ。

洗顔やクレンジングで、毛穴の皮脂汚れが残ってしまう

皮脂汚れが落ちていないと、化粧水が浸透しない

保湿が不充分のため、肌が乾燥を防ぐ為に”皮脂が過剰分泌”する

皮脂が邪魔をして、メイクとお肌が密着しない

という悪循環になっているのです。

クレンジングでは鼻の表面にある皮脂汚れは落ちますが、毛穴の中にある「角栓」までスッキリ落とすのは難しいのです。

ファンデが乗らない・すぐ浮く時のおすすめアイテム

鼻もしっかりメイクをして、綺麗に見せたいなら「毛穴スプレー」がおすすめ。

サッと顔に吹きかけて、”毛穴の皮脂汚れ”や”黒ずみ”を浮かせて落としてくれるもの。

中でも「ととのうみすと」と呼ばれる毛穴スプレーが、SNSを中心に話題になっています。

ミストが直接、鼻の毛穴に入り込めるのが、クレンジングや泡洗顔と違うところ。

アルカリ水の『マイナスイオン』の力で、毛穴の奥にある角栓を吸い上げてくれます。

今までクレンジングでゴシゴシしていた私でしたが、スプレーだけで毛穴汚れが落ちるのにはちょっと感動。

実際に「ととのうみすと」を顔に吹きかけた後の液体が、こんなに白く濁ります。

もともとは透明だった液体が、皮脂(角栓)を落として白くなっているのです。

夜のクレンジングの後にシュッと顔に吹きかけて30秒待つだけでよくてW洗顔の代わりになるし、ズボラな私でも簡単に続けられてます♪

「ととのうみすと」の公式サイトを見てみる >>

「ととのうみすと」は、どうやって使うの?

ととのうみすとの使い方は、とってもシンプル。

クレンジングでメイクを落として、その仕上げに「毛穴スプレー」を鼻にかけて30秒待つだけ。

スプレーの液と皮脂がまざった液体が落ちてくるので、やさしく拭き取れば完了。

顔全体に吹きかければ、皮脂汚れもしっかり落ちて化粧水の浸透も良くなり、お肌がうるおいます。

他に毛穴スプレーで、いいのはないの?

毛穴スプレーは「ととのうみすと」以外にも「エマルジョンリムーバー」が有名です。

どちらも「アルカリ水」を使用しており、皮脂汚れを浮かせて落とす力があります。

■「アルカリ水」を使用した「毛穴洗浄スプレー」の比較表

ととのうみすと

エマルジョンリムーバー

画像

アルカリ水
※皮脂汚れを浮かせて落とす


高アルカリイオン水


アルカリ水

超純水
(不純物のない水)


汚れを溶かす力が強い


汚れを溶かす力が強い

お肌への優しさ


7種類の無添加


10種類の無添加

どちらも鼻の角栓(黒ずみ)を落とす力がありますが、「ととのうみすと」の方が”濃度の濃いアルカリ水”を使っています。

kirei
タイトルとURLをコピーしました