毛穴落ちを防ぐには、ファンデよりもスキンケアの見直しが大事!

毛穴を隠そうとしてメイクしても、時間がたつと逆に目立ってしまう・・

「ファンデを塗った時の方が、毛穴が目立ってしまう」

「化粧直しをすると、今度はファンデがうまく乗らない」

などのお悩みがありませんか?

「どうして、毛穴落ちしてしまうの?」「毛穴落ちを防ぐには、どうすればいい?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います!

鼻や頬の毛穴落ちが起こる原因は?

小鼻や頬の毛穴にファンデや下地、コンシーラーが埋もれてしまう、毛穴落ち。

毛穴落ちが起こるのは、「毛穴から過剰な皮脂が出ている」ことが原因。

皮脂がでるときには、毛穴の入り口が広がります。

広がった毛穴の入り口に、ファンデがぽろんと落ちてしまうのです。

毛穴の中にファンデーションと皮脂(角栓)がまざって白く見えることも。

どうして、鼻や頬から過剰に皮脂が出て「毛穴落ち」するの?

もともと鼻は「Tゾーン」と言って、皮脂分泌が盛んな場所ですが・・。

一番の原因は「保湿不足」にあります。

お肌にうるおいが足りていないと、乾燥を防ぐために”皮脂が過剰分泌”してしまうのです。

「いや、でも朝のスキンケアはちゃんとしているけど」と思うかもしれません。

皮脂過剰になる人は、「毛穴の皮脂汚れ」に保湿を邪魔されている可能性が高いのです。

クレンジングや洗顔だけでは、毛穴の奥にある「皮脂汚れ(角栓)」はなかなか落としきれません。

毛穴に皮脂汚れが残っていると、いくらいい化粧水を使ってもお肌に浸透しないので「保湿不足」になります。

ではいったい、どうすれば良いのでしょうか?

鼻や頬の毛穴落ちを防ぐ、おすすめのスキンケア

毛穴落ちをしっかり防ぎたいなら、「毛穴スプレー」がおすすめ。

サッと顔に吹きかけて、”毛穴の皮脂汚れ”や”黒ずみ”を浮かせて落としてくれるものです。

中でも「ととのうみすと」と呼ばれる毛穴スプレーが、SNSを中心に話題になっています。

実際に「ととのうみすと」を顔に吹きかけた後の液体が、こんなに白く濁ります。

もともとは透明な液体が、皮脂(角栓)を落として白くなっているのです。

どうしてこんなに、毛穴の角栓(皮脂汚れ)に強いの?

「ととのうみすと」に入っている『アルカリ水』が、皮脂汚れを浮かせて落とす力があるからです。

クレンジングは油分で”こすって落とす”ものですが、毛穴スプレーは”汚れを浮かせて落とす”という違いがあります。

極端な話、クレンジングを安いものに変えて毛穴洗浄スプレーをプラスする方が『皮脂汚れ対策』としてはるかに効果があります。

また、「ととのうみすと」には毛穴そのものを引き締める成分も入っています。

毛穴の皮脂汚れがしっかり落ちれば、しっかり化粧水が浸透して「保湿」ができます。

しっかり保湿されれば、肌から過剰に皮脂が出ることもなく、毛穴が開いてファンデが入り込むこともありません。

いくら良い下地を使っても、保湿をおろそかにすると皮脂が大量に出るのでご注意を。

「ととのうみすと」の公式サイトを見てみる >>

「ととのうみすと」は、どうやって使うの?

ととのうみすとの使い方は、とってもシンプル。

クレンジングでメイクを落として、その仕上げに「毛穴スプレー」を鼻にかけて30秒待つだけ。

スプレーの液と皮脂がまざった液体が落ちてくるので、やさしく拭き取れば完了。

顔全体に吹きかければ、皮脂汚れもしっかり落ちて化粧水の浸透も良くなり、お肌がうるおいます。

他に毛穴スプレーで、いいのはないの?

毛穴スプレーは「ととのうみすと」以外にも「エマルジョンリムーバー」が有名です。

どちらも「アルカリ水」を使用しており、皮脂汚れを浮かせて落とす力があります。

■「アルカリ水」を使用した「毛穴洗浄スプレー」の比較表

ととのうみすと

エマルジョンリムーバー

画像

アルカリ水
※皮脂汚れを浮かせて落とす


高アルカリイオン水


アルカリ水

超純水
(不純物のない水)


汚れを溶かす力が強い


汚れを溶かす力が強い

お肌への優しさ


7種類の無添加


10種類の無添加

どちらも鼻の角栓(黒ずみ)を落とす力がありますが、「ととのうみすと」の方が”濃度の濃いアルカリ水”を使っています。

「ととのうみすと」は市販で買える?楽天より安い?

「ととのうみすと」は薬局やドラッグストアでは扱っていません

■「ととのうみすと」のショップ別、価格表
価格 送料
楽天 4500円 送料無料

楽天のサイトへ

amazon 4874円 無料

amazonのサイトへ

メーカーの公式サイト 4500円 1980円
※56%OFF
※30日間返金保証付
無料

公式サイトへ

kirei

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました