鳥肌みたいにブツブツの鼻を直したい!毛穴パックより毛穴スプレーが落ちるワケ

隠しきれない鼻の細かいブツブツで、困っていませんか?

「毛穴パックを使っても、なかなか落ちない」

「メイクするとブツブツが逆に目立って困る」

などのお悩みがあるかと思います。

「鳥肌みたいな細かいブツブツの正体は何?」「どうやったら綺麗になる?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います!

鳥肌みたいな鼻のザラザラ、この正体は?

毛穴が開いて黒ずんでいるわけでもなく、さわっても凹凸があるわけでもない。

でも洗顔しても毛穴パックでも落ちない・・いったい何なのでしょうか?

“鳥肌”の正体は「毛穴の皮脂詰まり」によるものです。

鼻は「Tゾーン」にあり、皮脂の分泌が盛んな場所。皮脂が出やすい分だけ、毛穴に詰まりやすいのです。

「でも、、クレンジングや洗顔をしっかりしているけど?」

本来であれば、しっかり洗えば皮脂汚れは落ちるもの。

ケアしても改善しないのは、「角質肥厚(かくしつひこう)」といい角質が”分厚くなっている“からです。

皮膚は刺激や乾燥を感じてしまうと、お肌を守るために『厚く』なってしまうのです。

~角質肥厚(皮膚がぶあつくなる)原因~

○鼻への刺激(ゴシゴシこすって摩擦)

○紫外線

○加齢により、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅れる

皮膚(角質)が厚く盛り上がっている分、クレンジングや毛穴パックで皮脂に届かないのです。

鳥肌みたいな鼻の白いザラザラには、毛穴スプレーがよい理由

クレンジングは毛穴の表面の汚れを「こすって落とす」もの。これでは毛穴の”奥にある汚れ”はとれません。

「毛穴スプレー」であれば、奥に詰まった毛穴汚れを”浮かせて落とす”ことができます。

顔に向かってシュッとミストをかけて、あとはやさしくふき取るだけ。

細かいミストが、毛穴の奥にある角栓を”浮かせて落とす”のです。

角栓の中身は”皮脂”。皮脂は「酸性の汚れ」のため、「アルカリ性」の洗浄成分で汚れを浮かせられます。

「だったら、アルカリ性の洗顔せっけんを使えば?」と思うかもしれません。

ですが、そもそも洗顔料は汗やホコリ、古くなった角質など、“水性”の汚れを落とすためのもの。

「毛穴洗浄スプレー」にはアルカリの洗浄成分が入っているので「お肌をこすらずに」「皮脂汚れを浮かせて落とす」ことが可能に。

クレンジングを安いものに変えて毛穴洗浄スプレーをプラスする方が『鼻の黒ずみ対策』としてはるかに効果があります。

鼻のザラつきを落とす「毛穴スプレー」のおすすめはどれ?

毛穴用スプレーの中でも特におすすめしたいのは、「ととのうみすと」と呼ばれるもの

アルカリ水で皮脂汚れを浮かせて、黒ずみを落とすことができますが・・

「ととのうみすと」は、ただのアルカリ水ではなく「高アルカリイオン水」を使っているのです。

しっかり皮脂汚れを落としたいのであれば、アルカリ水の中でもさらに濃度が高いものを使った「ととのうみすと」を。

実際に、透明の「ととのうみすと」を顔に吹きかけた後の液体が、こんなに白く濁るんです。


(皮脂汚れが溶けたものが、白く濁った状態)

毛穴そのものを引き締める成分も入っています。

使い方は、普段使っているクレンジングの後に、顔にシュッと吹きかけるだけ。クレンジングでメイクを落として、その仕上げに「毛穴スプレー」で皮脂汚れを落とします。

毛穴スプレーは「ととのうみすと」以外にも「エマルジョンリムーバー」が有名です。

どちらも「アルカリ水」を使用しており、皮脂汚れを浮かせて落とす力があります。

■「アルカリ水」を使用した「毛穴洗浄スプレー」の比較表

ととのうみすと

エマルジョンリムーバー

画像

アルカリ水
※皮脂汚れを浮かせて落とす


高アルカリイオン水


アルカリ水

超純水
(不純物のない水)


汚れを溶かす力が強い


汚れを溶かす力が強い

お肌への優しさ


7種類の無添加


10種類の無添加

どちらも鼻の角栓(黒ずみ)を落とす力がありますが、「ととのうみすと」の方が”濃度の濃いアルカリ水”を使っています。

「ととのうみすと」は市販で買える?楽天より安い?

「ととのうみすと」は薬局やドラッグストアでは扱っていません

■「ととのうみすと」のショップ別、価格表
価格 送料
楽天 4500円 送料無料

楽天のサイトへ

amazon 4874円 無料

amazonのサイトへ

メーカーの公式サイト 4500円 1980円
※56%OFF
※30日間返金保証付
無料

公式サイトへ

kirei

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました