クレンジングで落ちない毛穴汚れ|なぜ毛穴スプレーだと綺麗になるの?

何をやっても毛穴汚れが落ちずに、困っていませんか?

「いくら洗顔してもダメ・・」

「クレンジングを強いものに変えてもさっぱり」

「毛穴パックでも、角栓が全然取れてない」

毛穴の奥に詰まった角栓(汚れ)は、毛穴スプレーを使えば簡単に綺麗にできます。

「どうして、クレンジングや毛穴パックだと汚れが落ちないの?」
「毛穴スプレーだと、どうして毛穴汚れが落ちる?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います!

毛穴洗浄スプレーがどんなものか、見てみる >>

クレンジングで毛穴汚れが落ちない理由

クレンジングは顔の表面の汚れを、油分で洗い流していくもの。

クレンジングでは毛穴の表面の汚れしかとれず、奥にある角栓が残ってしまいます。

角栓は時間がたつと酸化して黒ずむので、毛穴汚れが残るのです。

毛穴パックで毛穴汚れが落ちない理由

毛穴パックはそもそも、毛穴の表面にある角栓を粘着テープではがすようなもの。

パックで角栓が取れない人は、普段から洗顔などで刺激をあたえて「角質(お肌の表面の皮膚)が厚く」なっている可能性があります。

角質が厚くなってしまうと、角栓が奥に行ってしまうので捕まえられないのです。

毛穴スプレーだと、どうして毛穴汚れが落ちる?

クレンジングや毛穴パックでは、毛穴の表面しかケアすることができません。

ところが「毛穴スプレー」であれば、奥に詰まった毛穴汚れを”浮かせて落とす”ことができます。

顔に向かってシュッとミストをかけて、あとはやさしくふき取るだけ。

細かいミストが、毛穴の奥にある角栓を”浮かせて落とす”のです。

角栓の中身は”皮脂”。皮脂は「酸性の汚れ」のため、「アルカリ性」の洗浄成分で汚れを浮かせることができます。

「だったら、アルカリ性の洗顔せっけんを使えば?」と思うかもしれません。

ですが、そもそも洗顔料は汗やホコリ、古くなった角質など、“水性”の汚れを落とすためのもの。

「毛穴洗浄スプレー」にはアルカリの洗浄成分が入っているので「お肌をこすらずに」「皮脂汚れを浮かせて落とす」ことができます。

メイク汚れをゴッソリ落とす物ではなく「クレンジングで落としきれない、毛穴に詰まった皮脂汚れ」を落とすものです。

「毛穴汚れはゴシゴシこすって落とすもの」というのは、もう古い

むしろ、クレンジングの摩擦でお肌に刺激を与えると、お肌は刺激から身を守るために「厚くなります(角質肥厚)」。

皮膚が厚くなるほど、毛穴汚れは奥に行ってしまうのでますます毛穴が奥に詰まってしまうのです。

「角質肥厚」とは、”皮膚(角質)が”ぶ厚く”なった状態”のこと。

極端な話、クレンジングを安いものに変えて毛穴洗浄スプレーをプラスする方が『鼻の黒ずみ対策』としてはるかに効果があります。

毛穴洗浄スプレー、おすすめの2つ

毛穴洗浄スプレーはまだラインアップは少ないのですが、現時点では「ととのうみすと」と「エマルジョンリムーバー」が有名なものです。

どちらも「アルカリ水」を使用しており、皮脂汚れを浮かせて落とす力があります。

■「アルカリ水」を使用した「毛穴洗浄スプレー」の比較表

ととのうみすと

エマルジョンリムーバー

画像

アルカリ水
※皮脂汚れを浮かせて落とす


高アルカリイオン水


アルカリ水

超純水
(不純物のない水)


汚れを溶かす力が強い


汚れを溶かす力が強い

お肌への優しさ


7種類の無添加


10種類の無添加

使い方は、普段使っているクレンジングの後に、顔にシュッと吹きかけるだけ。クレンジングでメイクを落として、その仕上げに「毛穴洗浄スプレー」で皮脂汚れを落とします。

どちらも毛穴汚れを落とすのにオススメのものですが、2つで比較するなら「ととのうみすと」がオススメ。

理由は、ただのアルカリ水ではなく「高アルカリイオン水」を使っているから。

しっかり皮脂汚れを落としたいのであれば、アルカリ水の中でもさらに濃度が高い「ととのうみすと」を。

実際に、透明の「ととのうみすと」を顔に吹きかけた後の液体が、こんなに白く濁るんです。


(皮脂汚れが溶けたものが、白く濁った状態)

毛穴そのものを引き締める成分も入っています。

「ととのうみすと」は市販で買える?楽天より安い?

「ととのうみすと」は薬局やドラッグストアでは扱っていません

■「ととのうみすと」のショップ別、価格表
価格 送料
楽天 4500円 送料無料

楽天のサイトへ

amazon 4874円 無料

amazonのサイトへ

メーカーの公式サイト 4500円 1980円
※56%OFF
※30日間返金保証付
無料

公式サイトへ

kirei
タイトルとURLをコピーしました