鼻や頬の皮脂が気になる|毛穴スプレーで過剰皮脂は抑えられる♪

皮脂のせいですぐに顔がテカリ、気になって何も楽しめなくなってしまう(+_+)

わたしは元々皮脂が出やすい体質なのか、ケアしてもすぐに顔がベタベタ!

せっかく朝メイクがしっかり決まっても、すぐにテカって恥ずかしいことになります。

テカるだけでなく、ファンデが落ちてしまうことも結構あったり(T_T)

そのため、メイク直しをしない日はないし、仕事で忙しいとそんな時間も無い!

皮脂崩れ防止と言われるものを試しても、全然ダメ!

「朝から夜までいると鼻がほっぺがテッカテカ。どうやったら皮脂って抑えられるのかな・・」

そんなある日、たまたまネットで見つけた「毛穴スプレー」で皮脂が抑えられることを知り。

「スプレーくらいで、皮脂が抑えられたら苦労しないわ。」と思いつつ、SNSでも評判がよさげだったので試してみました。

皮脂が多い肌でも、シュッと吹きかけるだけで過剰皮脂をブロック!?

毛穴スプレーの正体は「ととのうみすと」という名前のもの。

スプレーというと、メイクの上からシュッ!と保湿するイメージがありますよね??

このスプレーはメイクする『前』にシュッとして「毛穴奥にたまっている皮脂をオフ」しながら「保湿強化して皮脂をブロック」するものなんです。

夜のクレンジングや洗顔でも、毛穴の奥の汚れはスッキリ落ちていないケースが多いもの。

しっかり落としていないと皮脂がすぐたまるし、皮脂が詰まっていると”スキンケアが浸透せず保湿が長持ちしない”から皮脂が出るんですって。

毛穴スプレーのイイところは、毛穴パックのように”毛穴を広げずに毛穴汚れを落とす”こと。

ミストの中身はアルカリ水が入っていて、マイナスイオンの力で皮脂汚れを吸い上げながら溶かしてくれる!

毛穴汚れを”溶かしながら落とす”ことで、毛穴を広げずに皮脂(角栓)を取り除くことができちゃう^ ^

毛穴が広がらないので、皮脂がたまりにくくなる!

さらに毛穴を引き締めるアーチチョークエキスというのもあって、毛穴を目立たなくする働きもあるみたい。

結局ファンデで皮脂を抑えるのに限界があるから、保湿強化するのが一番の近道かもしれない。

使い方はカンタン!

夜のクレンジングの後にシュッと吹きかけて30秒待って、あとはそのままお湯で洗い流すだけ。

翌朝は、ぬるま湯で顔をうるおして、洗顔料の代わりにシュッとして30秒待つだけ。そのあと化粧水や乳液をいつも通りに使えばOK♪

皮脂がスッキリした状態でスキンケアできるから、浸透力があがって保湿力UP!だからメイクした後の皮脂もブロックできる!

今までクレンジングや洗顔料で一生懸命ゴシゴシしていた私でしたが、顔に吹きかけるだけで毛穴汚れが落ちるのにはちょっと感動(*^-^*)

シュッとスプレーで皮脂ケア「ととのうみすと」の詳細を見てみる♪ >>

皮脂が多い女性の救世主♪SNSやインスタでも話題になってます♪

「ととのうみすと」はキャンペーン中だったらお得に買える

「ととのうみすと」は、1本をおよそ1か月~1か月半使うことができます。

私は普通だったら楽天で買うんですけど、たまたまメーカーのホームページから買った方が安かったからそっちで買いました。

私が注文した時はキャンペーン中だったので、定価の半額以下だったんです。

おまけで毛穴ケアの冊子やらコラーゲンサプリなんかもついてきて、なんとなくオトク感がありましたね(*^-^*)

もしキャンペーンが終わっていたら通常価格なので、そのときはごめんなさい(+_+)

※ちなみに薬局やドラッグストアでは扱ってなかったです。

キャンペーンの詳細を見てみる >>

皮脂が多くテカリやメイク崩れに悩んでいた私が、メイク直しをせずに一日過ごせています♪

「ととのうみすと」に出会う前は、朝のメイクに結構時間がかかっていました。

メイクをしてもこまめに鏡を見て、メイク直しをしたり面倒でした。仕事で忙しいときはそのままほったらかしで一日過ごすこともあったり((+_+))

どんなスキンケアで保湿してもダメ、皮脂吸着の下地を使ってみても今ひとつ!

やっと効果を実感できたのがこのスプレーで、使っていくほど顔のテカリが気にならなくなってきました♪♪

やっぱり皮脂が出やすいお肌は、保湿をしっかりしないとダメなんですね(^_^;)

ととのうみすとを鼻にシュッってスプレーしたとき、毛穴から白いもの(角栓?)がポタポタ。

「こんなに私って皮脂があるの!?」って思いました。

ホントに簡単にケアできるし、お肌が汚く見えてないか、いろいろ心配しなくてよくなりました♪

ととのうみすとは30日間の返金保証もついているので、とりあえずお試しすることができますよ^ ^

返金保証付きの「ととのうみすと」の詳細を見てみる >>

kirei
タイトルとURLをコピーしました