歯磨き粉だけで歯は白くならない!白くするには歯ブラシも大事

「ホワイトニング効果がある歯磨き粉って、ないのかな?」「歯医者にホワイトニングするお金も時間もない」

黄ばんだ歯は印象が悪くなるため、白くしたいもの。

よい歯磨き粉を使って、ケアしたいと思っているかもしれません。

ですが・・

どんなに”いい成分”が入っていても、「歯磨き粉」だけで黄ばんだ歯は白くなりません。

「だったら、歯医者でホワイトニングするしかないということ?」そんなことはありません。

歯磨き粉”だけ”ではなく、「歯ブラシ」も大事だということ。

「どうして、歯磨き粉だけではダメなのか」「どんな歯ブラシを使えばいいのか」ご紹介します!

歯を白くするには、歯磨き粉だけでは難しい理由

「市販の歯磨き粉でも、歯を白くすると宣伝しているものはあるけど・・」

たしかに、市販でも通販でも「ホワイトニング効果」をうたった歯磨き粉はあります。

ただ、いずれの歯磨き粉も「歯の表面の」着色汚れにしかアプローチできません。

具体的に、ご紹介します。

■市販/通販のホワイトニング歯磨き粉の成分

成分

効果

ライオン ブリリアントモア

ピロリン酸ナトリウム

表面の汚れを浮かせて落とす

アパガードプレミオ

薬用ハイドロキシアパタイト

歯垢を除去

クリアクリーン プレミアム美白

フィチン酸液

表面の汚れを浮かせて落とす

クリニカ エナメルパール ホワイト

無水ケイ酸

表面を清掃

はははのは(通販)

ポリリン酸ナトリウム

表面の汚れを浮かせて落とす

ちゅらトゥースホワイトニング(通販)

リンゴ酸

歯に付着した汚れを溶かして落とす

単に食べたものの残りカス程度であれば、これらの歯磨き粉の成分で十分。

ところが、頑固な「歯の黄ばみ」は歯の表面(エナメル質)に染みついている状態です。

洋服に付いて、時間がたった醤油をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。衣服の繊維の中にまで汚れが入っているので、普通の洗剤では落ちないのと一緒。

歯磨き粉そのものには、内側について染みこんだ汚れを漂白する力はありません。

だから、どんなホワイトニング歯磨き粉を使っても、黄ばんだ歯は白くならないのです。

歯を白くするには、汚れを『分解する』ケアが必要

“黄ばみ汚れ”を落とすポイントになるのは、汚れを「分解する」こと。

歯磨き粉だけでは、歯の表面を磨いたり溶かしたりすることしかできません。

そんな時には、「光の力を使って、分解(=光触媒)」する方法があります。

実際に、歯医者のホワイトニングもこの理屈を使っています。

エナメル質の奥まで染みついた汚れを分解して、しっかり汚れを浮き上がらせるという方法。

『光触媒』は”汚れを落とす成分”を歯に塗り、そこに光をあてることで汚れが分解される仕組みです。

洗濯物で言うところの「漂白剤」と同じ理屈なのです。

漂白というと「溶かす」イメージがあるかもしれませんが、汚れを分解することを「漂白」と言います。

光触媒の力で歯を漂白すれば、白いきれいな歯を取り戻すのは難しくはありません。

では、どんなものを使えば「光触媒」ができるのでしょうか?

光触媒のケアが自宅でできる、人気のLED歯ブラシ >>

「光触媒」をするには、専用の「歯ブラシ」と「歯磨き粉」が必要

光触媒を使って汚れを分解するには、「光」と「汚れを落とす成分」が必要です。

[光触媒に必要なもの]

●歯磨き粉(ジェル)
光触媒用の成分(酸化チタン・酸化タングステン)を配合

●LED一体型の歯ブラシ
LEDライトで、歯みがきしながら光をあてる

「光触媒」は、一般的に歯医者のホワイトニング治療で行っているもの。

ですが、「LED付きの歯ブラシ」を使えば自宅でも同等のケアができてしまうのです。

歯ブラシに搭載されたLEDで歯に光をあて、あとは光触媒用の成分を使って磨いていくだけ。

光触媒によって、歯に染みついた黄ばみ汚れも「分解(漂白)」して落とすことができます。

光触媒のケアが自宅でできる、人気のLED歯ブラシ >>

kirei
タイトルとURLをコピーしました