オイリー肌を根本から改善するケア|過剰な皮脂を抑えるには

オイリー肌で、テカりや化粧崩れがひどい・・
どんどん出てくる皮脂を、何とかしたい・・

女性にも多い「オイリー肌」。ニキビもできやすいですし、メイクをしても皮脂が止まらないから困ったもの。

テカリを防止する化粧品を使って化粧をしても、お昼にはテッカテカ。

保湿保湿と言われても、サッパリ・・という方も多いかもしれません。

テカりを抑えようと頑張るより、スキンケアの見直しが大事です。

「どうして、保湿しても皮脂が止まらないの?」
「どんなケアをすれば、根本から改善できる?」

オイリー肌を改善したい方は、チェックしてみてください!

オイリー肌を改善するには、どうすればいい?

「しっかり洗っているつもりなので、すぐ皮脂が出てしまう。」

オイリー肌でメイクをしたあとでも、すぐにテカってしまう原因は2つ。

●クレンジングで”洗いすぎ”ている

●毛穴汚れが残っていて、保湿が不十分

顔の油分をスッキリとるために、オイルタイプなどの強いクレンジングを使っているかもしれません。

ところが、オイリー肌の場合は逆効果。

クレンジングや洗顔をしすぎると、顔にある『皮脂』が取れすぎてしまい、水分が逃げてしまうのです。

皮脂がないお肌は乾燥し、水分を逃がさないように肌が通常よりも多く皮脂を出してしまうのです。

一生懸命洗うほど、後で皮脂がたっぷり出てしまいメイクが崩れてしまいます。

その一方で、「毛穴に詰まった皮脂汚れ」は残りがち。

クレンジングでは「顔の表面の皮脂汚れ」には強いですが、毛穴の中に入り込んで汚れを落とす力は弱いのです。

「毛穴の皮脂汚れが残っている」と、スキンケアが浸透せず、保湿不足になり皮脂が出やすくなるのです。

特にオイリー肌の人は、”毛穴の皮脂つまり”を起こしやすいので注意が必要。

クレンジングや洗顔はさっと済ませて余計な皮脂がでないようにブロック。

『毛穴の皮脂汚れ』はしっかりケアして、スキンケアがしっかり浸透する肌作りをすることが大事なのです。

オイリー肌を改善するのに、どうやって毛穴の皮脂汚れを落とす?

毛穴汚れをしっかり落として、保湿をしっかりするなら「毛穴スプレー」。

化粧水代わりに使うのではなく、このスプレーで皮脂汚れを落としてしまうんですね。

夜はクレンジングをした後の仕上げに。朝は洗顔後にシュッと顔にふきかけます。

細かいミストが毛穴に入り込んで、クレンジングでは落ちない汚れを”溶かして”落としてくれるのです。

「ととのうみすと」と呼ばれる毛穴スプレーがあります。

この毛穴スプレーを顔に吹きかけた後、液体が白く濁ります。それだけ毛穴の皮脂汚れが落ちているということ。

●毛穴の皮脂汚れがしっかりケアできて、
●化粧水が浸透しやすくなって保湿がしっかりでき、
●メイクをしても乾燥しにくくなり、皮脂過剰を防げる。
●メイク乗りもよくなって、お肌も綺麗に見える。

「ととのうみすと」の詳細を見てみる >>

どうしてこんなに、毛穴の角栓(皮脂汚れ)に強いの?

「ととのうみすと」に入っている『アルカリ水』が、皮脂汚れを浮かせて落とす力があるからです。

クレンジングは油分で”こすって落とす”ものですが、毛穴スプレーは”汚れを浮かせて落とす”という違いがあります。

クレンジングで落としきれない毛穴汚れを、毛穴スプレーでカバー。

また、毛穴そのものを引き締める成分も入っています。

毛穴汚れを落としながら、毛穴パックなどで開いてしまった毛穴のケアも同時に行ってくれるのです。

毛穴汚れがしっかり落とせるので、スキンケアが浸透しやすくなり「保湿」がしっかりできます。

「ととのうみすと」の公式サイトを見てみる >>

毛穴スプレーの使い方

毛穴スプレーの使い方は、とってもシンプル。

クレンジングでメイクを落として、その仕上げに「毛穴スプレー」を鼻にかけて30秒待つだけ。

スプレーの液と皮脂がまざった液体が落ちてくるので、やさしく拭き取れば完了。

顔全体に吹きかければ、皮脂汚れもしっかり落ちて化粧水の浸透も良くなり、お肌がうるおいます。

「ととのうみすと」の詳細を見てみる >>

オイリー肌におすすめの毛穴スプレー2選

毛穴スプレーは「ととのうみすと」以外にも「エマルジョンリムーバー」が有名です。

どちらも「アルカリ水」を使用しており、皮脂汚れを浮かせて落とす力があります。

■「アルカリ水」を使用した「毛穴洗浄スプレー」の比較表

ととのうみすと

エマルジョンリムーバー

画像


通販限定


通販限定

アルカリ水
※皮脂汚れを浮かせて落とす


高アルカリイオン水


アルカリ水

超純水
(不純物のない水)


汚れを溶かす力が強い


汚れを溶かす力が強い

お肌への優しさ


7種類の無添加


10種類の無添加

詳細

どちらも鼻の角栓(黒ずみ)を落とす力がありますが、「ととのうみすと」の方が”濃度の濃いアルカリ水”を使っています。

オイリー肌はクレンジングで皮脂を落としすぎないように、気を付けて洗うこと。

その一方で、毛穴汚れはしっかり落とすことで、化粧水が浸透し「毛穴から皮脂が出るのを抑える」ことができます。

しっかりケアするところと、ケアを抑えるところの”メリハリ”をつければ、オイリー肌は改善します。

楽天では定価(4500円)ですが、メーカーの公式サイトなら返金保証付きで1980円でオトクに買えますよ♪

「ととのうみすと」の公式サイトを見てみる >>

kirei
タイトルとURLをコピーしました