「抗菌・抗真菌成分が入ったシャンプーがいいって聞くけど・・」

脂漏性敏感肌は「マラセチア菌」が原因のため、抗菌・抗真菌成分のシャンプーが効果的と言われています。

コラージュフルフルなどの定番シャンプーには、配合されている成分です。

ですが・・

抗菌・抗真菌シャンプーを使うと「ある問題」が起こります。

「抗菌・抗真菌シャンプーって何が問題?」「どんなシャンプーがいいの?」気になる疑問にお答えしたいと思います!

【脂漏性皮膚炎】抗菌・抗真菌成分が入ったシャンプーは、どれ?

マラセチア菌を抑える「抗真菌成分」は、「ミコナゾール硝酸塩」「ケトコナゾール」のいずれかです。

『抗真菌成分』が入った、脂漏性皮膚炎向けシャンプーは以下の3つです。

コラージュフルフルネクスト

メディクイックH

ニゾラールシャンプー

画像

抗真菌成分

ミコナゾール硝酸塩
(1%未満)

ミコナゾール硝酸塩
(1%未満)

ケトコナゾール
(2%)

殺菌力

普通

普通

強い

売っている場所

薬局
ドラッグストア

薬局
ドラッグストア

輸入代行業者から買う

~ちなみに~

脂漏性皮膚炎には「抗菌」ではなく「抗真菌」成分です。

マラセチア菌は「真菌(カビ)」の一種のため、一般的な菌を殺菌する「抗菌」タイプでは効きません。

※オクトやフケミン、H&Sは「抗菌」成分が入ったシャンプーですのでご注意を※

いずれのシャンプーも「ミコナゾール硝酸塩」「ケトコナゾール」といった『抗真菌成分』を配合しています。

ですが・・

そもそも『抗真菌成分』入りのシャンプーで本当にいいの?という問題があります。

抗真菌シャンプーを使うと、頭皮の菌のバランスが乱れ脂漏性皮膚炎が再発する

「抗真菌シャンプー」を使うと、『頭皮の菌のバランス』が乱れてしまい、脂漏性皮膚炎が再発する恐れがあります。

たしかにマラセチア菌は殺菌されますが、同時に頭皮の「よい菌」も殺菌されてしまうのです。

頭皮には「腸」と同じようにさまざまな『菌』がおり、それぞれがバランスを保っています。

頭皮の「良い菌(善玉菌)」もいなくなると、頭皮が脂っぽくなります。

(善玉菌は、頭皮の皮脂(油分)を食べてくれる)

マラセチア菌は油っぽい頭皮で増える菌なので、せっかく殺菌しても善玉菌がいなくなると再び増えるのです。

~抗真菌成分が入ったシャンプーを使うと~

[マラセチア菌を殺菌して、使い始めはフケやかゆみが改善]

[使っていくうちに、頭皮の「菌」のバランスが乱れる]

[「良い菌」が減り、マラセチア菌が好きな「皮脂」が増える]

[脂漏性皮膚炎が再発しやすくなる]

ことが、起こる可能性があるのです。

メディクイックHやコラージュフルフルを使っても、一時的によくなってもすぐに再発するのはこのせい。

フケ・かゆみや湿疹が治ってはくり返して・・をくり返している方。

一度「抗菌(抗真菌)」以外のシャンプーに変えてみることをオススメします。

抗真菌成分を使わずに、マラセチア菌を抑える脂漏性皮膚炎向けシャンプー

頭皮の善玉菌を殺菌せずに、マラセチア菌を抑えるシャンプーなら「すっぴん地肌」というシャンプーがあります。


すっぴん地肌
※通販限定

ミコナゾール硝酸塩などの「抗真菌成分」を一切使っていません。

「じゃあ、どうやってマラセチア菌を無くすの?」と思うかもしれません。

「すっぴん地肌」は、頭皮の”善玉菌を増やす”ことで、マラセチア菌を追い出すシャンプーなのです。

頭皮にはもともと、たくさんの善玉菌と悪玉菌がいます。

「すっぴん地肌」は善玉菌を増やすことで、悪玉菌(マラセチア菌)が住みにくい頭皮環境を作ります。

頭皮に住む菌には限りがあるので、善玉菌が増えるほど悪玉菌がいなくなるのです。

「すっぴん地肌」のどんな成分が、善玉菌を増やす? >>

「すっぴん地肌」と他の抗真菌シャンプーの比較

■比較表

すっぴん地肌

コラージュフルフル

メディクイックH

画像


※通販限定

抗菌(抗真菌)成分

なし

ミコナゾール硝酸塩
※悪玉菌を殺菌

ミコナゾール硝酸塩
※悪玉菌を殺菌

有効成分

BIOECOLIA
※善玉菌を増やす

なし

なし

添加物


無添加


防腐剤


防腐剤

うさぎ
うさぎ
抗真菌成分を使わず、脂漏性皮膚炎をケアできるのは「すっぴん地肌」だけ!

※薬局やドラッグストアでは売っていません

kirei

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました